沖縄・唄

2015年5月12日 (火)

優美な舞への誘い・・・綛掛(かしかき)

Photo_2

愛するあのひとに

とんぼの羽のような

上等な着物をつくって差し上げましょう

糸を巻きかけるほどに

あの人の面影が増してきます

かせを掛けても慰めにはなりません

繰り返しかけをかけるほどに

思いがますばかりです

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

「綛掛」(かしかき)

私がいちばん好きな古典舞踊です。

”想う人へ上布を織ってあげたい”

という女性の一途な気持ちが伝わってきます。

写真は、ある年の「杜の賑い」の舞台です。

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

 

沖縄旅行情報*沖縄地域情報も、こちらで↓

 

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 


沖縄 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

今日の嬉しさを何にたとえようか…琉球舞踊・四つ竹

Sdsc_0179


打ち鳴らし

四つ竹は鳴らち

今日や御座出でて

遊ぶ嬉しや

 

「今日の嬉しさを何にたとえよう か」と

慶びをうたいあげる歌詞にあわせ

波をモチーフにした花笠をかぶり

美しい紅型衣装に身を包んだ姿踊り手が

四つ竹を手に静々と優美に舞います。

古典舞踊の代表的な女踊り『四つ竹』です

 

年の初めのエントリーは

正月らしく「慶びの唄と踊り」です

~写真は、那覇勤務時代の主催イベントの舞台です~

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

沖縄旅行情報*沖縄地域情報も、こちらで↓

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 


人気ブログランキングへ 

present

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月27日 (金)

無性に弾きたくなってきて…私の三線

Sdsc_5392_2

立て掛けてあった三線を引っ張り出してきた。

ちんだみ(調弦)もそこそこに、弾きはじめたのは、

 

○ 合「合乙 老 四 ○ 工四 上 四 合「合乙 老

四 ○  上 四 合 四  合 四 合「上中 中「上

(…工工四(くんくんしー)を横書きするのは、邪道ですが…)

 

最初にチャレンジした唄、「十九の春」。

 

那覇に赴任して3カ月が経過した頃、

日常生活も落ち着いてきて、せっかく沖縄で暮らしているのだから

沖縄らしいことにチャレンジしてみようと思う時期がありました。

 

「釣り」、実家が海に近いので内地へ戻ってもいつでもできるなぁ

「ゴルフ」、実家から車で1時間30分も走ればいつでもできるなぁ

「やちむん」、せっかく作ったものを内地へ帰るときに持って帰るのは重いなぁ

そうだ、内地へいつか戻るときに荷物にならない「三線」にしよう!

と思って始めたのがきっかけです。

 

教室にも通わず、DVD1本買ってきて、自己流で弾きはじめました。

 

三線も、うん十万円もする上級者用ではななく、(実は、金が無かった・笑)

比較的手ごろなお値段の三線を購入しました。

 

そして、「阿波節」「安里屋ゆんた」「めでたい節」「島々清しゃ」「国頭ジントヨー」

「永良部百合の花」「芭蕉布」「娘ジントヨー」「てぃんさぐぬ花」「童神」「涙そうそう」

「島唄」「遊び庭」「三線の花」「竹富島で会いましょう」「オジー自慢のオリオンビール」

「イラヨイ月夜浜」「二見情話」「豊年音頭」等々の島唄や民謡やPOPSを弾いて

楽しむことができるようになりました。

50曲ぐらい、弾けるようになったんだろうか…。

 

外は寒々しい冬の景色ですが、三線の音色は、あの頃の島を想い出させてくれています。

最近は、弾く機会がめっきり減ったのですが、やっぱり「癒してくれますね~」

でも、弦を押さえる指の動きが鈍くなって、もどかしいです。

練習しなくちゃね(泣)

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

沖縄旅行情報*沖縄地域情報も、こちらで↓

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 


人気ブログランキングへ 

present

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

卒業・別れ・旅立ちの季節〜石垣島の卒業ソング…石垣・登野城

Simg_6243

卒業〜別れ〜旅立ちの季節がやってきました。

卒業ソングは、たくさんありますが、私の大好きな卒業ソングは、

「卒業〜さよならは言えない〜」。

まづは、聴いてみてください。

 

                   

 

ねっ、キュンとくるでしょ。

この曲は、石垣島の石垣市立第二中学校の音楽教諭の大浜安功先生が、

今から20年前近くにおつくりになって、毎年、卒業式で歌われているのです。

そして2006年、安次嶺奈菜子のヴォーカルによって、CD化されました。

 

この頃の甘酸っぱい、ホロ苦い思いは、既に忘れかかっていますが、

この曲をこの季節に聴くと、沖縄と青春時代を思い出します。

サビの「さよなら さよなら また逢う日まで

涙でことばもでないけれど さよなら」が、

内地へ戻る時の心情とダブります。

三線が流れるミディアムバラードが、印象的ですね。

 

4月になると、島の子どもたちは、上の学校へ進学するために、

親元から離れるケースもあるようです。

通いなれた通学路の赤いブーゲンビリアや、赤瓦の屋根の上のシーサーも、

「卒業」を祝福しているようです。

彼らのそれぞれの夢が実現することを祈っています。

 

画像にカーソルをあて、クリックしてください.画像が拡大します。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 

人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

弾けー 三線 あびれー 歌

Ssimg_6344

那覇暮らしを始めて3ヶ月が過ぎた頃

休日の為、家にいる機会が多くなった土曜と日曜。

   

土曜日は、ウイ−クデ−にやり残したことを処理するので、適度な時間の経過を感覚として覚えるようになった。

ところが、日曜日は、午前中に家事を処理してしまい昼食を摂ると時間を持て余すようになった。

   

所詮、「旅の人」、「うちなーんちゅ」にはなれないと言う思いもあったが、少しでも彼らの「くくる」に飛び込みたいと言う思いが募ってきた。

   

「ゴルフ」「マリンスポ−ツ」「釣り」。いずれも実家が海やゴルフ場にも近いこともあり、興味が湧かない。

「やちむん」。内地へ戻る時に作り上げたものを持って帰らなければならないことの面倒くささが頭をよぎった。

そこで、はじめてしまったのが「三線」。

   

師匠について稽古するほどの度胸もなく、わが師匠は、国際通りは「高良楽器店」で買ったCD一枚と工工四。

いつしか、日曜の午後は「三線タイム」になっていた。

それでも、内地へ戻る頃には、民謡やPOPSを中心に30・40曲をモノにすることができた。

   

が、

哀しいかな「自己流」

「唄三線」と言われているにもかかわらず、「弾く」ことに集中し唄がおろそかになった。

これでは「三線をやっている」とは言えない自己嫌悪に陥っていた。

   

あるとき沖縄の「黄金言葉」を聞いた。

「弾けー 三線 あびれー 唄」(ふぃけー さんしん あびれー うた)

「三線は、弾いてしまばその人流の演奏で、歌は発声してしまえばその人流の絶唱であって、上手下手ではない」

   

うちなーは、どこまで優しいのだろう。

   

内地へ一緒に連れて帰って、しばらく床の間に鎮座し春眠を貪っていた我が三線ニ丁も、今は、「生まれ島」から遠く離れた地で、気持ちよさそうに癒しの音を奏でている。

   

    

typhoon"ブログランキング"に参加してます。

↓下のバナーを、ポチッとクリックしていただけると嬉しいです。happy01

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

シーサーが唄う島唄は

Simg_0709

ハイサイ チューガナビラ

   

三線を抱えて「美らシーサー」が唄う島唄は

やっぱり「めでたい節」なのだろうか。

   

2003年の「沖縄キャンペーン」の時に作ったシーサーのぬいぐるみです。

当時のスタッフのU木さんやG那覇くんをモデルに作りました。

(そう「シーサジラー」の持ち主たちを参考にして・・・スミマセン)

残念ながら非売品なのです。

   

あれから7年。

沖縄から遠く離れた我が家の玄関の靴箱の上で、今日も島唄を唄っています。

   

typhoonご訪問いただきありがとうございます。"ブログランキング"に参加してます。

↓ポチッとクリックしていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。happy01

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

通勤電車でやぎが散歩している

Ssimg_6286_2

心象を一にする詞を聞いた。

Coccoは唄う。

 

旅人の肩

咲いたよ赤花

いろとりどりの今日をつないで

 

いろとりどりの

赤青黄色

いろとりどりのきのうと明日

やぎの散歩 Cocco 歌詞情報 - goo 音楽

 

この曲は、今年6月の短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2010」の新設部門で 国内観光の振興を目的にした「旅ショーット!プロジェクト」で入賞した 「やぎの冒険」の主題歌である。

この映画、沖縄の中学生監督・仲村颯悟君が描いた、やぎと少年の交流の物語である。

 

今から9月の上映が待ち遠しい。

 

Coccoのこの主題歌もナチュラルで、素朴で、実はメッセ-ジ性に富んでいて癒されっぱなしである。

今日の通勤電車も、イヤホンから”やぎが散歩”している音が聞こえる。  

    

typhoonご訪問いただきありがとうございます。"ブログランキング"に参加してます。↓ポチッとクリックしていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。happy01

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)