« 夕陽が空いっぱいの余韻を残して…恩納村 | トップページ | オレンジ色に染まる夜の入り口…宮古島・西平安名崎 »

2015年7月28日 (火)

艶やかな紅型衣装と花笠と優雅な舞~「四つ竹」…首里城

Dsc_0836_2

打ち鳴らし鳴らし 

四つ竹は鳴らし


今日や御座出ぢて  

遊ぶ嬉しさ  

 

 

琉球舞踊の中で最も優美な演目「四つ竹(ゆちだき) 」。

中国皇帝の使者である冊封使をもてなす宴で踊られていた。

艶やかな紅型衣装と優美な舞が印象的な琉球古典舞踊.である。

 

写真は、ある年の旧暦の8月15日中秋の名月の下で行われたの「中秋の宴」。

月明かりに照らされた首里城正殿を背に踊られる古典舞踊「四つ竹」でした。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

 

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナ ーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

 

沖縄旅行情報*沖縄地域情報も、こちらで↓

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 


人気ブログランキングへ

|

« 夕陽が空いっぱいの余韻を残して…恩納村 | トップページ | オレンジ色に染まる夜の入り口…宮古島・西平安名崎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366698/60930994

この記事へのトラックバック一覧です: 艶やかな紅型衣装と花笠と優雅な舞~「四つ竹」…首里城:

« 夕陽が空いっぱいの余韻を残して…恩納村 | トップページ | オレンジ色に染まる夜の入り口…宮古島・西平安名崎 »