« ”ぷかぷか雲とたぷたぷ波”の瀬底〜虹を見たウチナーの旅♯4 | トップページ | ブルーシールの紅いもアイスを食べながら、海を見つめていた@古宇利〜虹を見たウチナーの旅♯6 »

2014年12月15日 (月)

息を呑み、唖然としてたちつくす「カフェ こくう」@今帰仁〜虹を見たウチナーの旅♯5

1417325859547

瀬底を出て、505号線を行く。

今帰仁村の諸志のバス亭近くを右折し

希望ヶ丘サンシティの高台をめざして登っていく。

くねくねとした細い山道、すれ違いにも苦労するような山道をひたすら登る。

走ること10分程度であるが、途中、道があっているのだろうかと不安になる。

登りきるとやっと新興住宅エリアにはいるが、

広大な敷地にぽつぽつと建ち始めた住宅が散在する。

その一角に「カフェ こくう」はあった。

1417325717970

標高150mの高台にあり、原生林の森、大パノラマの東シナ海、今帰仁城跡の城壁

そして古宇利島と古宇利大橋・・・。

今帰仁の海と空が広がって遮るものは、何もない。

眼前に広がる景色に息を呑み、唖然として立ちつくしてしまう。

地元、今帰仁の農家が有機栽培や無農薬栽培した野菜を中心にした”こくうプレート”。

プレートの内容は、その時々で変わる。

店名の由来は、二十四節気のひとつ「穀雨」。

1417325518188_2

1417325319303_3

ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して

「応援」してくださると嬉しいです。

 

沖縄旅行情報*沖縄地域情報も、こちらで↓

 

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 


人気ブログランキングへ

|

« ”ぷかぷか雲とたぷたぷ波”の瀬底〜虹を見たウチナーの旅♯4 | トップページ | ブルーシールの紅いもアイスを食べながら、海を見つめていた@古宇利〜虹を見たウチナーの旅♯6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366698/58278159

この記事へのトラックバック一覧です: 息を呑み、唖然としてたちつくす「カフェ こくう」@今帰仁〜虹を見たウチナーの旅♯5:

« ”ぷかぷか雲とたぷたぷ波”の瀬底〜虹を見たウチナーの旅♯4 | トップページ | ブルーシールの紅いもアイスを食べながら、海を見つめていた@古宇利〜虹を見たウチナーの旅♯6 »