« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

夕暮れまで…。~那覇・国際通り

Sdsc_2596_20131030080603411_4


はいさい、ちゅーがなびら。

今日は、でーじ暑かったさぁ。

てぃーだが半分顔を隠して、通りが茜色に変わっても、

まだまだ暑いわけよ。

 

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

 

ある夏の終りの”夕暮れまで”の国際通りです。

西の空が茜に染まっても、東の空は、まだ昼色です。

吹く風も、東シナ海の湿り気を一緒に運んできます。

でも、このアンニュイな空気が、好きでしたね。

昔見た南の島を舞台にした映画のワンシーンが思い出されます。

何の変哲もない、こんな景色がふいに浮かんでくる”私の沖縄”です。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

沖縄旅行情報*沖縄地域情報も、こちらで↓

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 


人気ブログランキングへ 

present

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

圧倒的な青の誘惑~久米島・畳石

S_20131024080837677

久米の海の色をなんと表現しよう

 

ライトシアン

パウダーブルー

コバルトブルー

シーグリーン

ダークターコイズ

アクアマリン

 

圧倒的な青の誘惑に

ここまでやってきた

 

そして

心の奥まで深呼吸

 

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 

久米島から橋を渡ったところにある奥武島の「畳石」です。

近くには、海洋深層水を使ったスパ施設の「バーデハウス久米島」や

「ウミガメ館」があり、島の周囲はウミガメの産卵場所になっています。

干潮時に、平らな亀の甲羅のような五角形や六角形をした石が現れます。

これは、約2千万年前に地中で冷えた溶岩が固まる時に規則的に割れ目ができ、

長い年月をかけて波に侵食され続け、

表面が平らになった姿で地上に表われたといわれています。

ここから右の奥の方には、イーフビーチも見ることができます。

干潮時は、ず~っと先まで白砂の遠浅ですよ!

那覇にいた頃の確か7月下旬の台風一過に訪れた時の写真です。

久米島の海の青の誘惑に負けてみたいと思う今日この頃です。

私の、「また訪ねてみたい場所」の第一候補です。

次回は、久米島へ行きましょうかね。

やっぱり季節は、ピーカンの夏がいいですね。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

沖縄旅行情報*沖縄地域情報も、こちらで↓

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 


人気ブログランキングへ 

present

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

海人の町・糸満~糸満漁港

Photo_2

国道331号線から、ヤッカラー通り(海の勇者が住む町という意味があるそうです)を

抜けて、糸満漁港へ。

真っ黒に日焼けした海人たちの港です。

 

ここで水揚げされるのは、マグロやカジキ、シーラ、ソデイカ、タマンなど。

港から約20から25マイル離れた海でのパヤオ(浮漁礁)漁が中心です。

毎年旧暦の5月4日(ヨッカヌヒー)には、ハーリーが行われます。

 

漁港の向かいには、通称マチグワーと言われる「糸満中央市場」があります。

路地の奥には畳二帖ほどのちっちゃなお店が50軒ほどひしめき合っています。

糸満のアンマーたちの元気な声が飛び交っている糸満の台所です。

 

漁港に近接する「お魚センター」は、糸満漁業協同組合が運営していて、

11 軒の店では、朝セリに出された新鮮な魚が売られています。

 

海人の町・糸満は、今日も朝早くから活気づいています。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

沖縄旅行情報*沖縄地域情報も、こちらで↓

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 


人気ブログランキングへ 

present

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

ピース★ジェット~那覇空港

Scsc_5986

 

楽しかった島の想い出をいっぱい詰め込んで

「ピース★ジェット」が、テイオクオフの準備をしています。

遠くの慶良間の島々も、「またん めんそ~れ」と言っているようです。

陽気で明るい南の島の空港に、良く似合いますね。

ある日の那覇空港の滑走路です。

 

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。

 

今年の9月30日、ピカチュウジャンボの名前で親しまれた747-400が退役しました。

最後のフライトは、那覇発12時30分のANA126便でした。

丸9年にわたって親しまれてきたピカチュウジャンボの退役で、

ピカチュウジェットは、「777-300」の機体番号JA754A、

「ピース★ジェット」のみとなりました。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

沖縄旅行情報*沖縄地域情報も、こちらで↓

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

蕎麦を食す~御殿場・艸季庵…さんぽカメラ♯46

Sblog_stand_by1

雑木林に囲まれてひっそりと建つ改装した古い民家の一軒家。

秋の爽やかな風に吹かれて、入口の暖簾が小さく揺れている。

入口へ向かう右側には、蕎麦の打ち場。

手打ちの石臼も見える。

暖簾をくぐり、靴を脱いで部屋にあがっていくと

そこは、庭の草木が見渡せる畳の部屋。

縁側と古い板硝子が懐かしい。

もうこれだけで、「ほっ」としてしまう。

 

いただいた蕎麦は、蕎麦の香りがたち、

しなやかでしっとりとしたコシの強さ。

天麩羅も、外はカリカリ、中はふんわりの絶品。

 

先日、御殿場のアウトレットモールへ出かけた帰り道、

御殿場の「草季庵」で蕎麦をいただいてきました。

「草季庵」のモットーは、

「そばは玄そばをひいて工夫の調合で毎朝打ちます。

水も毎朝、特においしい富士の湧水を汲みに行って使用します。

とにかく”おいしさ”のためには何でもするつもりでいます。」

美味しかった~!!

 

「手打ち蕎麦 艸季庵」

静岡県御殿場市杉名沢306-1

 

Sdsc_8240_2

 

Sdsc_8246_2

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

沖縄旅行情報*沖縄地域情報も、こちらで↓

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

この交差点を何回渡ったことだろう・「私の沖縄原風景」~ぱいぬかじ吹く、島ん巡りてぃ♯37

Simg_0120_20130906080120072

誰にでも自分が住んでいた街の原風景があるとおもう。

那覇にいた4年間、やっぱりここが「那覇の原風景」。

仕事で、休日の買い物で、内地から戻ってきたゆいレールの車窓で

何百回と見た風景。

この交差点を何回渡ったことだろう。

 

空の色、雲の形、風の匂い・・・、季節によって違うけれど

この風景を見るとホッとする。

 

今回の旅の最後に、ゆいレールで「県庁前」までいってみました。

那覇の街の顔は、変わっていませんでした。

 

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。

 

~ぱいぬかじ吹く、島ん巡りてぃ~も、今回で最終章です。

7月の”沖縄島”、想い出をたくさんいただいてきました。

レンズを間違えて持っていったのも、その一つでした。

その後、近年になく台風がやってきて、10月になっても首都圏は

「夏日」の日がある猛暑の夏でした。

それでも、朝夕の風が変わり、季節は秋へと向かっています。

 

次の里帰りは、はてさていつになるのだろう。

と言いながら、直ぐにでも飛んで行きたい「わたしのOKINAWA」です。

 

次回からは、撮りためた島の写真をアップしていきます。

引き続きお寄りくださいませ。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

沖縄旅行情報*沖縄地域情報も、こちらで↓

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

帰る場所がふたつあることのシアワセ感~ぱいぬかじ吹く、島ん巡りてぃ♯36

Ssdsc_0237_20130908074446142

見上げた空には,夏の雲

遠くの島影は慶良間の島々

まだ内地へ戻らないで一緒に先島へ行こうよ と

飛行機が飛んでいく

戻りたくないという思いが支配する時間

 

帰る場所がふたつあることの

なんとシ・ア・ワ・セなことか

 

<Photo:糸満・美々ビーチにて>

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

沖縄旅行情報*沖縄地域情報も、こちらで↓

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

シャララララと揺れる珊瑚の欠片~ぱいぬかじ吹く、島ん巡りてぃ♯35

Sdsc_0233_20130906075043136

サワサワーっと白い砂を擦りながら波が来て

シャララララ~と珊瑚の欠片が揺れます

柔らかい波は裸足のくるぶしをくすぐります

優しく心に沁みる波の音

 

見上げれば

すべてが夏色に輝くこの季節

 

そして

とっておきの海が微笑み返ししています

 

<Photo:糸満・美々ビーチの波打ち際にて>

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

沖縄旅行情報*沖縄地域情報も、こちらで↓

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月10日 (木)

太平洋を独り占め~ぱいぬかじ吹く、島ん巡りてぃ♯34

Ssdsc_0219_20130906080802174_2

夏の太陽が照りつける知念の岬の先端からは、

久高島やコマカ島や与勝半島まで見渡せる。

ここへ来ると「やっぱり地球は丸い」と実感させられる。

青い海には、島へ渡るレジャーボートや水平線近くには、貨物船がゆく。

見渡す限りの海原のほかには、なにもないけれど、

何故か引寄せられてしまう場所。

 

Simg_0109_20130908074127441

岬の公園で、暫し海を眺めていたが、さすがに夏の太陽には勝てず、

額からは汗が滴り落ちるが、それでも立ち去り難い。

暑さも忘れて、時間の経つのも忘れて行き交う船を見ながら、

知念の岬に佇んでいました。

 

帰りの飛行機の出発時間を気にしなければいけない時間が来てしまいました。

さぁ、糸満経由で空港方面へ向かうことにします。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

沖縄旅行情報*沖縄地域情報も、こちらで↓

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

知念の岬で鳥になって~ぱいぬかじ吹く、島ん巡りてぃ♯33

Sdsc_0228_20130906074538736_2

 

鳥になって

風と仲良くなって

 

空を翔んで

あの雲に

会いに行こう

 

ゆっくりと

ゆったりと

悠々と

 

そしたら

ちっちゃな自分が分かるだろうね

 

Sdsc_0217_20130906073708237

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

沖縄旅行情報*沖縄地域情報も、こちらで↓

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

夏の空を飛ぶ~ぱいぬかじ吹く、島ん巡りてぃ♯32

Sdsc_0221_20130906073424347_2

 

沖縄島の2泊3日のショートトリップの最終日は、いつものように南部へ。

そしていつものように「浜辺の茶屋」で海を見ながらお茶をしてボケ~ッと過ごす。

今回は、干潮の時間だったので、「浜茶」の目の前の海は潮が引き、

シャッターを押す気になれなかったので、写真は無し。

そこで、車で走ること5分、「知念岬公園」へやってきた。

2000年に、知念村立の体育館の裏手の岬周辺を整備した公園。

コマカ島に久高島に遠くには与勝半島まで一望できる

180度のパノラマが楽しめる場所。

そして、パラグライダーのテイオクオフポイントとしても有名。

 

Sdsc_0224_20130906074140221_2 

 

ご多分にもれず、この日も夏空をバックにパラグライダーが舞っています。

風をいっぱいに吸い込んで、気持ち良さそうに飛んでいますね。

それにしても、知念岬とパラグライダーは、良く似合いますね~。

こんなふうに風と友達になれるなんて、羨ましい限りです。

Fly in  the  Summer  Sky

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

沖縄旅行情報*沖縄地域情報も、こちらで↓

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

まだ柔らかい南の島の朝の光と風~ぱいぬかじ吹く、島ん巡りてぃ♯31

Simg_0092_20130814170359533_4

 

朝食を終えて、カメラ片手に再びプールサイドをぶらぶら。

ギラつく夏の太陽は、まだ遠慮気味に照りつけている。

高台にあるせいか、風を感じながら歩く。

そして部屋へ戻り、ベランダから朝のプールのワンショット。

東側からの光が、まだ柔らかい。

 

Sdsc_0205_20130814195729498_4
コンシェルジュも充実していて、宿泊客に優しいホテルという印象を受けた。

ホテル施設、とりわけジムやスパを使える時間がある方々には、お薦め。

お部屋も広いし、隣のかりゆしビーチホテルの施設も使える。

これで、西海岸は「日航アリビラ」「ムーンビーチ」「万座ビーチ」「ルネサンス」

「ブセナ」のホテルに泊めさせていただいたが、やはり沖縄は、ビーチサイド

の方がリゾート感が醸し出されていいような気がする。

さぁ、最終日は例によって「南部」へと繰り出すことにしよう!

 

**中心気圧950hp、最大風速40m/s、最大瞬間風速60m/sの

強い台風23号が、本島と宮古島の間を通過しそうですね。

その後を、台風24号が追いかけてます。

島の皆さん、慣れているとは言え、くれぐれもお気をつけくださいね**

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

沖縄旅行情報*沖縄地域情報も、こちらで↓

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

むむっ。甘い物とフルーツばっかりの朝食ですかね。~ぱいぬかじ吹く、島ん巡りてぃ♯30

Simg_0082_20130814165544633
とうとう最終日の朝がやってきてしまいました。

昨日の晩は、やや控え気味に”しまーとオリオン”をいただいたので、

日付が変わるまでにホテルへ戻ってきました。

そして朝。

スカッとした青い空ではありませんが、まぁまぁの天気。

ベランダに出て、大きな欠伸をひとつ。

そして大きく深呼吸。

そそくさと朝の身支度をして朝食をいただきにレストランへ。

8時頃だったので、すでに窓際は先客が。

ここの朝食は、「卵料理」を何種類かのメニューからチョイスできるんですよ。

オーダーを聞いてから調理してテーブルに運んでくれるんです。

でも・・・

私は、「卵料理」は苦手なので、丁重にお断りさせていただきました(泣)。

こうしてみると、甘いものとフルーツが多いような・・・。

朝のすがすがしさを身体の中にとり込んで、最終日がはじまりました。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

沖縄旅行情報*沖縄地域情報も、こちらで↓

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

 

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »