« 国際通りの薬局の佇まいは、あの時のまま~ぱいぬかじ吹く、島ん巡りてぃ♯9 | トップページ | 新宿が沖縄になった日…2013新宿エイサーまつり(速報) »

2013年7月26日 (金)

久茂地橋のたもとの懐かしい空間~ぱいぬかじ吹く、島ん巡りてぃ♯10

Sdsc_0063_20130711123450122

 

国際通りから国道58号線方面へ向いて”一銀通り”がある。

久茂地川に架かる久茂地橋のたもとに、その店はある。

店の名前は”Y's Cafe”。

とりたててトレンディでもなく、評判のメニューがあるわけでもない。

気に掛けなければ通りすぎてしまうような

昔風の「喫茶店」と言った方が良さそうな店。

 

Sdsc_0036_2

 

この近くに、仕事場があった。

着任当時は、自ら朝飯をこしらえて自宅で朝食を摂っていた。

いつしか、それも飽きがきて、ここで何度か朝食を摂らせていただいた。

神戸から移住してきたマスターの気さくさに時間を忘れて話し込んだものだ。

 

Sdsc_0037_2

 

ステンドグラス風の窓から、久茂地川の上の軌道を走る

ゆいレールを見ながら、朝食を摂ったのが昨日のことのように思える。

那覇へ来ると、必ず寄らせていただく。

ドアを開けて最初に出てくる言葉は「ただいま~」。

ここに来て、この席に座わると、あの当時のことが

走馬灯のように思い出される。

 

Ssdsc_0058__2

 

アイスコーヒーを飲み干して、汗がひいたところで店を出て、

もうひとつの想い出の場所であるニューパラダイス通りの脇にある緑ヶ丘公園へ。

そこでは、ちびっこふたりが、虫取りに興じている光景にぶつかった。

懐かしい那覇時代の日常空間に身を置いた時、

「今、那覇にいるんだ」という思いを実感したのは言うまでもない。

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

|

« 国際通りの薬局の佇まいは、あの時のまま~ぱいぬかじ吹く、島ん巡りてぃ♯9 | トップページ | 新宿が沖縄になった日…2013新宿エイサーまつり(速報) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366698/52518235

この記事へのトラックバック一覧です: 久茂地橋のたもとの懐かしい空間~ぱいぬかじ吹く、島ん巡りてぃ♯10:

« 国際通りの薬局の佇まいは、あの時のまま~ぱいぬかじ吹く、島ん巡りてぃ♯9 | トップページ | 新宿が沖縄になった日…2013新宿エイサーまつり(速報) »