« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

壺屋のすーじー小で出会ったカレ…那覇市壺屋

Sdsc_1900_2

ある日の那覇の夕暮れ

 

沖映通りをむつみ橋へ向かう頃

振り返ると

ちょうど辻の波の上宮あたりに夕陽が沈みはじめ

湿気を含んだ東シナ海の風が

いっそう寝苦しい夜を連れてくる気配がする

 

むつみ橋の交差点を横切り

市場中央通りを抜けやちむん通りへと出る

額から首筋から噴き出る汗を大判のタオルで拭いながら

南窯を過ぎて左手の少し坂になったすーじー小(ぐわ)で

やさしい目をした彼と出会った

 

夕暮れの壺屋まちまーい(まちあるき)のホッとする時間

  

 

*追記~よく見ると右の牙が抜けている。古いシーサーなんだろうな

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 


人気ブログランキングへ 

present

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

OCEAN CAFEで、まったり たいむ…ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

Simg_0209_3

船の形をした

吹き抜けのあるホテル

 

上階の部屋を出て

廊下からOCEAN CAFEを覗きこむ

 

テーブル毎に会話も弾んで

それぞれの

まったりたいむ が過ぎていく

 

t-shirtt-shirtt-shirtt-shirtt-shirtt-shirtt-shirtt-shirtt-shirtt-shirtt-shirtt-shirtt-shirtt-shirtt-shirtt-shirtt-shirtt-shirtt-shirtt-shirt

 

ホテルシリーズに戻りました。

再開は、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートで。

↓館内や部屋の様子が見えますよ~

万座バァーチャルツアー 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 


人気ブログランキングへ 

present

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

ふたたびニナミカ風にサンダンカとアゲハ蝶…西原町


Sdsc_93053113


サンダンカとアゲハ蝶

 

照りつけるティーダの下で

仲良くランデブー

 

南の島の日常的な光景

 

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:

 

すっかりハマってしまいました。

写真好きの皆さんから、”邪道だっ!”と叱責されそうですが、

”蜷川実花”風の仕上げです。

”似ても似つかないよっ”って言われそうですが、

この写真加工アプリ、癖になりますよ。

写真は、西原にある琉球大学のキャンパスで撮ったものです。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 


人気ブログランキングへ 

present

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

満開!さくら日和の北條五代の居城…さんぽカメラ42



Sdsc_8735_20130323163952670_4

「サクラ満開!」とのニュース。

 

明日の天気予報は「曇りのち雨」。

今日が勝負の日。

それも「青空」が見える午前中。

 

というわけで、日本桜名所100選の北條五代の居城”小田原城”へ。

 

まだ人出が多くなる時間前にもかかわらず、

老若男女のカメラマンがいっぱい。

 

今年も、キレイに咲いてくれました。

明日は、夕方から雨の予報。

散ってしまうのかなぁ~。

 

Sdsc_8687_20130323163626363_4

お堀端には花見客が…。

Sdsc_8678_20130323163333508_4

濠の水面に映し出されたサクラも、また格別。

Sdsc_8648_20130323163029560_2

ライトアップされた天守閣を取り囲むように咲くサクラ。

Sdsc_8730_20130323163813146_2

お堀の水面スレスレまで伸びた枝に咲くサクラ

Sdsc_8738_20130323164130372_2

虫も浮かれてお花見かな?

 

さぁ 春の扉が開かれました。

カメラ片手に、お出かけの季節がやって来ました。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

沖縄記事は、こちらから…

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 


人気ブログランキングへ 

present

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

モモちゃんに会いたい…沖縄市知花

S

甘えん坊で、ヤンチャでちょっぴり恥ずかしがり屋のモモちゃん。

会ったときは、まだ生まれて1年も経っていなくて、

子どもっぽくって、何もお話ができなかったよね。

でもね、ボクはそんなキミに一目惚れ。

あれから10年。元気にしているかなぁ~。

モモちゃんに会いたい。

 

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

 

3月半ば、沖縄から嬉しいニュースが飛び込んできた。

2010年12月に休園になっていた”東南植物楽園”が

事業譲渡され7月6日に再開されるそうだ。

何はともあれ、ホッとしている。

 

良くここへ来て南の島の花達や蝶や鳥たちを、カメラに収めたものだ。

10年前、初めて行った東南植物楽園。

ここに勤めていたMクンに案内され、

エキゾチックアーティストフォレスト(現在の風楽風遊の森)で

モモちゃんと会った。

モモちゃんがいたゾーンには、オオゴマダラが舞っていたのを覚えている。

 

あれから10年、モモイロインコのモモちゃんは元気でいるだろうか。

休園していると聞いていたので、気に病んでいた。

もう一度、モモちゃんに会いたい。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 


人気ブログランキングへ 

present

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

ニナミカ風にアカバナー…石垣島新川

Sdsc_8581

アカバナーを蜷川実花の世界観で。

万華鏡のような独特のビビッドカラーで表現。

 

ということで、石垣島は新川にある「舟蔵の里」に行った時に、

デジイチで撮ったアカバナーの写真を、

スマホのアプリ「蜷川実花監修カメラアプリ Cameran」で

ニナミカ風にアーティスチックに加工してみました。

 

ダリアにしようか、金魚にしようか、シャボン玉にしようか

と思い悩みましたが、蝶にしてみました。

 

ニナミカ風のアカバナー、雰囲気でてますかね~。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 


人気ブログランキングへ 

present

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

茜に輝く天使の梯子…慶良間

Simg_0626_20130311081831501

慶良間にかかる雲の切れ間から

ひとすじの光がさす

 

あの光の梯子から

天使が舞い降りてくる

愛と慈しみを連れて

 

茜色に包まれた

夕暮れの安堵感

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 


人気ブログランキングへ 

present

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

燕郷房と女子高生と杏仁豆腐…那覇泉崎


Simg_2134_2


あの日からもう、かれこれ10年が経つのだろうか。

泊のマンションから、安里川を渡り前島を横切って、

さらに潮渡川を渡り、松山交差点にある事務所へ通勤していた。

 

最初の出会いは、朝からギラギラとした太陽が照りつけていた7月、

潮渡川を渡ってすぐのゆいレール美栄橋駅を過ぎたあたりで

気になる中華料理店を見つけた。

掛かっていた看板は「中国家常菜餐庁 燕郷房」。

「ヤンキョウハン」と言う名の中華料理店。

 

数日後、同僚たちを引き連れて店の中にいる自分がいた。

何回か通ううちに、横浜から移り住んだオーナー夫妻と仲良くなった。

話しているうちに、オーナー夫妻の前向きな思いに感心しきりだった。

 

オープンして半年は、お客さんも少なかったように思う。

その後は、外の丸すイスにたくさんのお客様が並ぶ評判店になっていった。

 

私が好きだったのは「鉄鍋餃子」に「海老チリ」に「坦々麺」に・・・。

そうそう忘れてならないのは「杏仁豆腐」。

仕事が終わった帰り道、夕食がてらに寄った日、

4・5人の女子高校生グループが、この「杏仁豆腐」だけを食べに来ていた。

 

そして、年月が流れて2007年に里帰りした時には、

泉崎のかりゆし琉球ホテル那覇となりに大きな店構えとなって移転していた。

今では、那覇の人気店だそう。

写真は、その時のもの。2階に掛かっている蓮の花の絵。

イメージを伝えたくて少しだけ加工してある。

残念ながら、その日はマスター夫妻は不在であった。

 

那覇時代の夕食場所として、たいへんお世話になったところのひとつ。

次回の里帰りに寄ってみることにする。

マスターご夫妻の元気な姿に再会できることを願って。

そしてあの忘れられない四川の担々麺と鉄鍋餃子と杏仁豆腐に会いに行こう。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 


人気ブログランキングへ 

present

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

混沌・・・いつまでも垢抜けない、まちぐわぁへの入口が良い。

Sdsc_1362_5


牧志の第一公設市場に通ずる市場中央通り。

いつもの場所にいつものオバァがいて、

いつものようにたわいもない話をして、

いつもの中央入口からまちぐわぁへと入る。

混沌としたまちぐわぁへのプロローグ。

 

いつまでも垢抜けない

いつまでも暖かく迎えてくれる

まちぐわぁへの入口。

 

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。

 

写真は、レトロ風にちょっぴり加工してみました。

特に目的もなく、ぶらぶらと歩きながら、

知り合いのお店のオバァと言葉を交わすのが楽しみな那覇生活でした。

オバァ、元気でいるかなぁ。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 


人気ブログランキングへ 

present

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

追憶・・・溢れだす うちなーの色

Sdsc_1641

アカバナーの赤

高貴な紅型の黄

やんばるの木々の緑

慶良間の海の青

東シナ海の朝の空の薄青

 

みんなみんな

沖縄の想い出の色

 

溢れだす

うちなーの色に

あの日を思う

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 


人気ブログランキングへ 

present

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

「通い小町」と名付けられた、ふっくら美しい梅の花…さんぽカメラ♯41

Sdsc_8613

淡い紅色のふっくらとした八重咲きの梅。

「通い小町」と名付けられています。

黄色味を帯びた雄しべが、花をいっそう引き立てています。

 

平安時代、

絶世の美女と謳われた小野小町に想いを寄せる

深草の少将が求愛したところ、

「百夜、通い続けたら晴れて契りを結ぶ」と約束され、

深草少将は、深草から山科まで約5㎞を毎晩通い続けた。

そして99日目の大雪の日、道に倒れて凍死してしまう。

(以下略ですm(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン)

 

という謡曲「通い小町」からとった名前の梅。

こんな美人の梅の花なら、通い続けてもいいですね~。

 

Sdsc_8584_6

 

と言うことで、車を走らせて、2週間前に行った近くのフラワーガーデンへ。

先日の三分咲きから、今回は、随分、梅の花が咲いています。

ここの「渓流の梅林」では、約200種480本の多種多様な梅が楽しめます。

開園と同時に行ったので、ほらこの通り人もまばら。

緋毛氈の縁台もあり、ここに座って見る梅もまた良し。

 

Dsc_8608_3

 

で、緋毛氈が敷かれた縁台を背景にマクロレンズで1枚。

白梅は地味ですが、背景の緋色で、ぐっと和のテイストが増したかな。

 

Sdsc_8604_3

 

そして、名前の由来となっている渓流沿いにも、紅梅白梅が。

天気も良く、気温もあがったこの日、絶好の観梅日和になりました。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

沖縄記事は、こちらから…

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 


人気ブログランキングへ 

present

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »