« そっと目を閉じると見えてくる景色…南城・佐敷 | トップページ | 蜘蛛の糸が創りだしたアート…さんぽカメラ♯35 »

2012年7月 4日 (水)

ある夏の日の白昼夢…国頭・オクマビーチ

Dsc_0054

 

目の前に広がるもの すべてが輝き

やがて 南の風が雲を運び去って行く

蒼に彩られた世界は 時間が止まり

鮮やか色のSea Spaceを 

キミとボクとで ふたりじめ

 

島時間が ゆったりと流れていく

ある夏の日の白昼夢

 

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 

沖縄を訪れるには、梅雨があけて10日くらいまでが、いちばん良い。

天気も比較的安定しているし、旅費もオンシーズンに入る前の

アーリーサマー料金なのです。

 

↑のオクマビーチも、夏のトップシーズンに入る前の様子です。

体感的には、もう完全に”真夏”。

でも、観光客がどっと押し寄せてくる前のビーチは、

ほらこの通り、”ふたりのマイビーチ”になることもあるんですよ。

.

 

画像にカーソルをあて、クリックしてください.画像が拡大します。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 


人気ブログランキングへ 

present

|

« そっと目を閉じると見えてくる景色…南城・佐敷 | トップページ | 蜘蛛の糸が創りだしたアート…さんぽカメラ♯35 »

コメント

信じられないよね。日本にこんな綺麗な海があるなんて。
沖縄の海辺はどこも絵葉書になる、
というのはオーバーではないような気がします。
kenさん、コンニチワ!
長野の山の中で緑の海に浸ってきましたが、
(一句、”雨止んで山万緑の海となる”)
このブルーには負けました。
沖縄にも”梅雨明け10日”が通用するようで、
旅行会社パンフのコピーよりグッドです。

投稿: ただの山爺 | 2012年7月 5日 (木) 08時54分

kenさん、こんにちは^^
以前私が行ったのは5月の終わり。
とっても過ごしやすくて海でも泳げて最高でした^^
7月は暑くてたまらなかった記憶が強すぎで(笑)

こんなきれいな海を二人占めなんて贅沢ですね^^
うらやましい♪

投稿: lala-monologue | 2012年7月 5日 (木) 13時25分

>ただの山爺さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

長野へ行ってらっしゃったのですね。

”雨止んで 山万緑の 海となる”
の句 にすべてが表現されていますね~。
長野の山もいいんでしょうね~。

この時期の沖縄の海にいると、蒼の世界に
閉じ込められた錯覚をしてしまうような景色が
展開されます。

旅行会社のパンフコピー…
”マックロネシア”や
”トースト娘ができあがる”
そして私がいた頃は、
”だいじょぶさ~おきなわ!でした。

懐かしいですね~!

投稿: ken | 2012年7月 5日 (木) 18時42分

>lalaさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

沖縄で過ごしやすいのは、”うりずん”と
言われる3月中旬~5月の前半かな。

梅雨が明けたら、それはもう、地獄の夏(笑)

でもね、この暑さがたまらんのですよ~。

lalaさん、梅雨明け10日の間で、おきなわに
チャレンジしてみてください。

めまいがするほど熱い沖縄も、また格別ですよ!
そして、原色が氾濫する景色も、いいですよ!

投稿: ken | 2012年7月 5日 (木) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366698/46189754

この記事へのトラックバック一覧です: ある夏の日の白昼夢…国頭・オクマビーチ:

« そっと目を閉じると見えてくる景色…南城・佐敷 | トップページ | 蜘蛛の糸が創りだしたアート…さんぽカメラ♯35 »