« 南の島のさらに南のリトリート…伊良部島 | トップページ | 赤い花は 希望の花…那覇 »

2012年5月14日 (月)

ギガンチウムの蜜を求めて、くまんばちクンのホバリング…♯32

Sdsc_6832r

 

さわやかな五月の風が ゆるやかに吹き抜け

やさしい五月の光が まんまるのギガンチウムの花に降り注ぐ

ぶんぶんぶぶ~ん

大きな羽音を立てながら 花から花へと蜜を求めて飛びまわる

まんまる ころころ

くまんばちのホバリング

 

Sdsc_6821r_2

「みなしごハッチ」や「みつばちマーヤ」で、略奪したり、蜜蜂の国を攻撃したりで、

悪者扱いをされている、くまんばちですが、実は性格は温厚なのだそうです。

スズメバチと混同して、人間を襲うイメージがありますが、オスは、針がなく

刺すことができないようです。

それどころか、航空力学的には、飛べるはずのない体型をしているようで、

「不可能を可能にする」象徴とされているようです。

くまんばちクン、ゴメンなさい。

キミのことをどうやら誤解していたようです。

Sdsc_6783r_2

 

先日行った近くの公園。

まんまるのねぎぼうずのようなギガンチウムが風に揺れてゆらゆら。

よ~く目を凝らして見ると、そこにはくまんばちが、大きな羽音を立てて

蜜を吸うためにギガンチウムの花から花へと飛び回っていました。

すかさず、シャッターを押したのは言うまでも有りません。

そして家に帰ってさっそく、PCでRAW現像をしていたのですが、

な・なんと・・・

 

Sdsc_6777

 

誤って、撮った画像ケ・シ・チャッ・タ~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

もう悔しくて悔しくて・・・。

そこで、日曜日、リベンジしてきました。

もういないかな~と思っていたのですが、「いたいた~」

しっかりと、くまんばちの雄姿を撮らせていただきました。

 

Sdsc_6830r

 

ややどころか、おおいに「ピンアマ」ですが、私の腕ではこれが精一杯。

それにしても、くまんばちクンの行動は積極的ですね。

しっかりと彼の動きに翻弄された30分でした(´;ω;`)ウウ・・・

 

画像にカーソルをあて、クリックしてください.画像が拡大します。

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

「読んだよ〜」「見たよ〜」で下のバナーをポチっと押して、「応援」してくださると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 


人気ブログランキングへ 

present

|

« 南の島のさらに南のリトリート…伊良部島 | トップページ | 赤い花は 希望の花…那覇 »

コメント

こんにちはぁ^^
1枚目のくまんばちクンの羽の音
聞こえてきそうです♪
素敵ですねぇ~
ハチはちょっと苦手なんですけど
こうして蜜を吸う姿は可愛いです。
特におしり(笑)
そっかぁ・・・
くまんばちって温厚なんですねぇ。
コワいってずっと思ってました。
航空力学的には飛べない体形なんですか!?
不可能を可能にするハチなんて、カッコいいっ!!!
ちょっと、じゃなくてかなり見直しました(笑)
これからはくまんばちクンのコトを見る目が変わりそうです。
↓ヴィラブ リゾート
私も一度は泊まってみたいホテルの一つですっ!

投稿: mint | 2012年5月15日 (火) 16時57分

>mintさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
確かに丸いオシリが、可愛いいですね。

私もくまんばちのことを誤解してました。
人間との関わりも、あまりないようです。
ただ、メスは針を持っている様で、
いじめると向かってくることが、あるそうですよ。

それにしても、動く被写体を手持ちで撮るのって
難しいですね。

AF-Cでも、追いきれません。
おかげで、ピンあま写真ばかりでした。

↓ヴィラブ リゾートのような、小さくて、隠れ家のようなホテルって、イイデスネ。

投稿: ken | 2012年5月15日 (火) 17時18分

すこーい!!
お花の香りやくまんばちさんの羽音まで伝わってきそうな
素敵なお写真たちですね*

藤の花の写真を撮っているとよくくまんばちさんがやってきて
かわいいなぁと想いつつも
一瞬ドキっとしてしまっていたのですが・苦笑
とってもおとなしいんですね♪
しかも「不可能を可能にする」象徴 なんて、すごいなぁ*^m^
なんだか勇気づけられます☆

せっかく撮られたお写真、悔しいですね;;
でもリベンジしてこんなに素敵なお写真を撮られてしまうkenさん
さすがです!!

投稿: maco* | 2012年5月15日 (火) 21時33分

>maco*さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

性格がしつこいもので
リベンジしてしまいました(笑)

確かに藤の花の周りに、彼らは、
たくさん、集まってきますね。
春を感じるのは、人間と一緒かな(笑)

ギガンチウムも、風に吹かれてゆらゆらと
揺れて、春爛漫の光景ですよね。

投稿: ken | 2012年5月17日 (木) 07時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366698/45258742

この記事へのトラックバック一覧です: ギガンチウムの蜜を求めて、くまんばちクンのホバリング…♯32:

« 南の島のさらに南のリトリート…伊良部島 | トップページ | 赤い花は 希望の花…那覇 »