« オレンジいろの絵を描く…国頭・奥間 | トップページ | 機上から見た忘れられない島…宮古諸島・水納島 »

2011年10月17日 (月)

ふわり、と黄胡蝶が…石垣・新川富崎

Photo

沖縄には、原色の花がたくさん咲くけれど

緑葉の中で、元気に自己主張する黄胡蝶の花が好き。

この島の陽射しによく似合う、ポップな赤と黄の花が好き。

歩いていると、今日もまた

蝶のようにフワリと舞って、私に微笑みかけてくれました。

島旅の、いつもの楽しい出会いです。

 

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 

秋だと言うのに、季節感のない”夏写真”ばかりでスミマセン(´・ω・`)ショボーン

なにせ、テーマが

OKINAWAですので、ご容赦くだされ。

近々、秋写真も公開することにします(A;´・ω・)アセアセ

ところで、写真は、沖繩三大名花の一つ”オオゴチョウ(黄胡蝶)”。

因みに、沖縄の三大名花は”サンダンカ・デイゴ・オオゴチョウ”です。

花期は5月〜7月と9月〜10月で、

夏の長い期間、蝶の形をした美しい花を咲かせます

写真は、フサキリゾートヴィレッジで撮影。

 

画像にカーソルをあて、クリックすると画像が拡大します。   

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

"ブログランキング"に参加しています。

下のバナーをポチっとクリックし、「応援」してくださると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 

|

« オレンジいろの絵を描く…国頭・奥間 | トップページ | 機上から見た忘れられない島…宮古諸島・水納島 »

コメント

こんばんは(^-^)
どうにもこうにもマメ科の植物に憧れを抱いてしまいます。
沖縄で当たり前のように咲いている花々を見ると
なんとも言えない気持ちになりますね。
言葉で表現出来ませんが、きっとkenさんと同じ想いなのかな・・・?
鮮やかな紅型のような黄胡蝶。素敵です。。。

投稿: kukuru | 2011年10月17日 (月) 23時03分

おぉ~sign03フサキリゾートにこんな鮮やかな花が咲いてたんですかsign02

頭の中であの桟橋が浮かびましたよhappy02

ここに来るといつも「夏」が感じられて嬉しいですheart04

投稿: ナビ | 2011年10月17日 (月) 23時42分

>kukuruさん、こんにちは。
いつも見かける花が、フツーに咲いているという思いが
沖縄の日常を感じさせてくれて、
あっ今、私は沖縄に同化してるんだと思うことが、たくさんあります。
わざわざ意識しませんよね。
この思いって、「沖縄病」患者の症状の典型かもしれませんね(笑)
いよいよ、あと一ヶ月。
しっかりと沖縄病を治療してきてくださいね。

投稿: ken | 2011年10月18日 (火) 07時20分

>ナビさん、こんにちは。

そうおっしゃっていただくと嬉しいhappy02

秋の風情も撮りたい思いは、やまやまなんですがweep


そうですよ、あの桟橋へ向かう道の途中に咲いていました。
この原色の派手さが、南の島の花らしくていいですね。

投稿: ken | 2011年10月18日 (火) 07時27分

こんにちはぁ^^
私、何度も沖縄に行っているけれど
この黄胡蝶見たことないような気がします^^;
今度行った時はしっかり探して来ようと思います。
私も夏大好きですから
こちらではいつでも夏を感じられて
島の写真は大歓迎ですよぉ~

またまた、背景を白に変えられたのですね(笑)

投稿: mint | 2011年10月18日 (火) 17時02分

>mintさん、こんにちは。
ハイビスカスのように大きくないし、
ブーゲンビレアのようにまとまって咲いていないので、
見過ごしてしまったかな(笑)
夏写真中心ですが、
ホントはmintさんのように秋桜をステキに撮りたいんですよ・・・
あっ、
背景は、オクマの夕景をアップした時、
黒の方が映えるかなぁ〜と思って(笑)
ムダな抵抗でした(・_・、)

投稿: ken | 2011年10月18日 (火) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366698/42560310

この記事へのトラックバック一覧です: ふわり、と黄胡蝶が…石垣・新川富崎:

« オレンジいろの絵を描く…国頭・奥間 | トップページ | 機上から見た忘れられない島…宮古諸島・水納島 »