« 夏の恋に破れたら、南の島へいらっしゃい…本部・瀬底 | トップページ | 10月の空に舞い上がるハートバルーン »

2011年10月 9日 (日)

三つの橋が架かる小さな島と羽地内海…名護・屋我地

Sdsc_0630_4

今回は、ちょっと旅ガイド。

古宇利島へ行くときに通る、屋我地島の紹介。

58号線を名護市真喜屋で左折し、奥武橋を渡り奥武島へ。

ものの数分で、現れる屋我地大橋を渡ると、屋我地島に着く。

一番高いところでも標高55mしかない平坦な丘陵の島。

本部半島と屋我地島の間は羽地内海(はねじないかい)と呼ばれる内海が広がり、

小島が点在し、干潟やマングローブ林が見られる。

(上の写真の右側に見えるのが屋我地大橋)

Sdsc_0622_01_8

屋我地島の先の古宇利島へは、平成17年に古宇利大橋が架かり、

昨年(平成22年)12月には、本部の運天との間にワルミ大橋が架かった。

つまり、

面積7.77㎢、周囲16.0kmの小さな島に3つもの橋が架かったことになる。

パイナップル畑やサトウキビ畑の中を走っていると、沖縄を感じることができる島である。

ただ、写真は、羽地内海を挟んだ本部半島の嵐山展望台から撮るのが、

いちばんいいかもしれない。

(写真の奥の島が古宇利島、手前が羽地内海、二枚の写真はいずれも、

対岸の嵐山展望台から撮影)

                                 

 

大きな地図で見る

 

画像にカーソルをあて、クリックすると画像が拡大します。   

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

"ブログランキング"に参加しています。

下のバナーをポチっとクリックし、「応援」してくださると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 

沖縄ブログトーナメント - マリンスポーツブログ村
沖縄ブログトーナメント

|

« 夏の恋に破れたら、南の島へいらっしゃい…本部・瀬底 | トップページ | 10月の空に舞い上がるハートバルーン »

コメント

おはようございます!
沖縄には小さな島がたくさんあって
それがたくさんの橋で繋がっているんですね!
お写真に撮られてる島々、緑が綺麗で
ホントに美しい眺めですね〜。
海の色もまた凄すぎる!
ブルーを通り越して、エメラルドグリーンですね!
2年前に本島に行ったとき、時間の関係で古宇利島へは
行かなかったんです。
帰って来てから後輩に「行かなかったんですか〜もったいない!」
と言われました〜
今も惜しいことをしたな〜と思ってます。
古宇利島へ行くときにこんなステキな島々を眺めることが
できるんですね!
チャンスがあったら今度は行ってみたいです^^

投稿: りん | 2011年10月10日 (月) 09時30分

>りんさん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。
那覇時代に、ここの羽地内海で釣りをしたことが
あります。
沖縄の”松島”と言ったところでしょうか。

古宇利島はいらっしゃった方がいいですよ。
本島では、一、二を争う海の色です。

投稿: ken | 2011年10月10日 (月) 20時30分

ごぶさたしております。。。
やっぱりいいですね。沖縄。
旅ガイドもありがとうございます。
こんな風景の中車走らせたら、本当に気持ちがよいでしょうね。
できれば年内に沖縄。。。行きたいなぁ。。。

投稿: snufkin♪ | 2011年10月10日 (月) 21時48分

>snufkin♪さん、こんばんは。
ごぶさたしております。
お仕事の方は、順調でいらっしゃいますか。

相変わらず、ナツイロっぽい写真ばかりで
恐縮です(笑)
5月末のおきなわ旅のリベンジを年内にぜひ!

離島もいいですが、本島も、いいところたくさん
ありますよ。


投稿: ken | 2011年10月10日 (月) 22時03分

こんにちは(^-^)
沖縄へ行き始めの頃
見たことのないこの景色に
圧倒された事を今でも覚えています。
嵐山展望台からの眺めはまるで天国ですよね。
あの頃の感受性が今でも欲しいと思う今日この頃です・・・。

投稿: kukuru | 2011年10月11日 (火) 11時13分

こんにちは^^
空から撮ったようなお写真ですね♪
こんな風にきれいな海を見ることのできる展望台があるなんてステキ^^
沖縄に行けば元気になれそうなそんな景色が広がってます^^
行きたいなーと思いながらももう10月…
私は来年行けるように頑張ります^^;

投稿: lala-monologuel | 2011年10月11日 (火) 16時49分

>kukuruさん、こんにちは。
ここへ初めて行ったのは、那覇に赴任して4カ月過ぎた
6月。対岸の本部の嵐山で露地栽培のパイナップルを
買うために農家を訪れた時、立ち寄った展望台から
みて、パイナップルそっちのけで、羽地内海へ向けて
車を走らせたのを覚えています。
その時は、感動しましたね。
齢を重ねると”感性”も無くなってくるのでしょうか(笑)

投稿: ken | 2011年10月11日 (火) 18時01分

>lalaさん、こんにちは。
ちょっと消耗した”ココロとカラダ”に、
栄養剤”おきなわ”はいかがでしょうか(笑)

沖縄では”命薬(ぬちぐすい)”という言葉があります。
薬局でいただく薬ではなく、
心の中が暖かくなって癒されるような出来事をさす言葉です。

まさに”ぬちぐすい の おきなわ”へ
いらっしゃってください。

投稿: ken | 2011年10月11日 (火) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366698/42404022

この記事へのトラックバック一覧です: 三つの橋が架かる小さな島と羽地内海…名護・屋我地:

« 夏の恋に破れたら、南の島へいらっしゃい…本部・瀬底 | トップページ | 10月の空に舞い上がるハートバルーン »