« 茜色に染められた夏…恩納・前兼久 | トップページ | 夢の続きを見た場所…うるま・勝連城跡 »

2011年9月 3日 (土)

浜比嘉は神々が住む神秘な島…うるま・浜比嘉

Sdsc_4311_2

海中道路を走り、平安座島に入る前の右手に見える島が、浜比嘉。

 

琉球開祖と言われているアマミチュとシルミチュという

女の神様と男の神様が久高島に降立ち、その後、この浜比嘉島で

生活し、子供をもうけた。これが沖縄の人達の祖先にあたるという伝説がある島。

(古宇利島にも、同じようなアダムとイヴの伝説があります。)

 

浜比嘉大橋を渡り、右手が浜地区、左手が比嘉地区。

集落の佇まいも、昔ながらの沖縄の雰囲気を持った小さな島。

そして御嶽や霊場やグスクが点在し、神々が住む神秘な島。

たまに不思議なことが起きたりします。

静かな波だと安心して波打際でシャッターをきっていたら、

突然の大波で、下半身がびっしり濡れてしまいました。

あれは神様の歓迎の挨拶だったんでしょうか。それとも・・・。

 

ユックリと集落を散策した後は、素朴で静かな浜ビーチや兼久ビーチやムルク浜で、

木陰や岩陰に座って、波の音を聞くのが

浜比嘉でのいつもの過ごし方です。

(写真:浜比嘉大橋と平安座島)

Sdsc_4310(写真は浜比嘉島の公園から海中道路方面を望む)
 

Sdsc_0365_3(写真は兼久ビーチ)

Sdsc_0361_3(写真は兼久ビーチ)

Photo_5(写真はホテル浜比嘉リゾートの下にあるムルク浜)


お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

"ブログランキング"に参加しています。

下の”沖縄旅行”のバナーをポチっとクリックし、「応援」してくださると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

|

« 茜色に染められた夏…恩納・前兼久 | トップページ | 夢の続きを見た場所…うるま・勝連城跡 »

コメント

こんにちは^^
やっぱり神様からの歓迎の挨拶でしょう♪
神様もいたずら好きですね^^

きれいな海に心が癒されますね♪
兼久ビーチのようなところで波と遊びたいです^^
記事を読んでいて高校の時、比嘉くんっていたなぁ~と
ふと思いました(笑)

投稿: lala-monologue | 2011年9月 5日 (月) 16時38分

>lalaさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

やっぱり、あれは歓迎のあいさつだったんでしょうか。
お陰でスニーカーが濡れて、乾くまで裸足で砂浜に座って
海を見つめる時間を作ってくれたのですから、
そう思いましょうね(笑)

比嘉クンという同級生がいらしたんですか。
なにせ、沖縄の多い苗字のランキングは、
①比嘉②金城③大城④宮城⑤新垣ですから(良く言えましたっ!・笑)

投稿: ken | 2011年9月 5日 (月) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366698/41487688

この記事へのトラックバック一覧です: 浜比嘉は神々が住む神秘な島…うるま・浜比嘉:

« 茜色に染められた夏…恩納・前兼久 | トップページ | 夢の続きを見た場所…うるま・勝連城跡 »