« 玉城の青い海を見つめる、哀愁のシーサー…南城・玉城 | トップページ | フリアンディーズのケーキは でーじまーさんどー…那覇・前島 »

2011年8月 2日 (火)

アンチ浜の海と空と白い雲…本部・瀬底

Sdsc_4185_01_2

また ここに やって来た

  

キラキラと輝くエメラルドグリーンの海と

水平線に浮かぶ伊江島のタッチュー

  

ここは シークのアンチ浜

この橋の真ん中に立つのは 何度目だろうか

  

今日も

ぷかぷかと浮かぶ白い雲が

”お帰りなさ~い”と微笑んだ

  

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...

  

沖縄へ里帰りすると必ず行くのが、ここ瀬底。

何度、行ったか忘れるくらい行きました。

瀬底大橋の脇にあるアンチ浜です。

瀬底島は、最近、あまり良い評判を聞きません。

私も島の中まで入らずに、いつもここでUターンしてきます。

建設途中で放りだされたホテルが廃墟のように建っているのは、

いただけません。

早く、昔のような”シーク”に戻って欲しいですね。

  

画像にカーソルをあて、クリックすると画像が拡大します。

   

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

"ブログランキング"に参加しています。

下の”沖縄旅行”のバナーをポチっとクリックし、「応援」してくださると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 

|

« 玉城の青い海を見つめる、哀愁のシーサー…南城・玉城 | トップページ | フリアンディーズのケーキは でーじまーさんどー…那覇・前島 »

コメント

瀬底だ!
まさにエメラルドグリーンの海ですね〜!
2年前、初めての沖縄旅行で宮古島と本島に行ったんです。
本島は1泊だけだったのであまりゆっくりできなかったのですが
ぜったい行こうと思ってたのがこの瀬底でした。
わーまた行きたくなりました!
ところで「シーク」ってどういう意味ですか?
「タッチュー」って?

投稿: りん | 2011年8月 2日 (火) 22時28分

>「沖縄病」を罹ってしまった、りんさん、こんにちは(笑)
↓ご報告遅れてすみません。
「mintつながり」 で寄らせていただきました(笑)
本島へいったら、訪れて見たい場所です。
いつもエメラルドグリーンの海が出迎えてくれます。
ところで、ご質問の件ですが、
「シーク」は、「瀬底」のことを地元の方は、このように呼びます。
「タッチュー」は、写真の左上に見える伊江島の尖んがった山を、
島外の人は、こう呼びます。
伊江島にある標高127m(だったと)の城山のことです。
タッチューは、ウチナーグチで、
「先の尖ったもの」のことを言うのだそうです。
りんさんが、「沖縄病」の重症患者になるのを楽しみにしてます(笑)

投稿: ken | 2011年8月 3日 (水) 08時04分

こんにちはぁ^^
本当に綺麗なエメラルドグリーンの海ですね!
瀬底大橋、いつも傍まで行っては
何故か渡らずに帰っちゃうんですけど
橋の中央に立つと気持ちの良い
風景が見られるんですね^^
瀬底島、私もあまり良い話は聞かないなぁ^^;
あるサイトの口コミでも
kenさんと同じ事を書いてらっしゃる方がいました。
とても残念ですよね。
観光の島だから、人を呼ぶには必要な施設なんでしょうけど
だったら最後まで頑張れって思うのだけれど
こればっかりは気持ちだけではどうしようもないのでしょうね。
私もいつかまた
昔の綺麗な島に戻ってほしいと願っています。

私繋がりでブログの輪が広がるのは嬉しいです^^
報告なんて、そんなの全く気にしてませんからぁ~(*^^)v

投稿: mint | 2011年8月 3日 (水) 17時00分

>mintさん、コメント有り難うございます。
これもmintさんに作っていただいた、ご縁ですので、
大事にしていきたいと思います。
これからも、どうぞよろしくお願いします。

自然と開発の調和、難しい問題です。
例えば那覇の新都心ですが、
内地の人間は都会の郊外にあるような町ではなく、
沖縄らしい町に憧れるんですが、
沖縄の方々が、あの町の姿を求めているなら、何も言えません。
石垣島の北側にも、そんなエリアがありましたよね。
瀬底へ行くと、いつも葛藤してます。
しかし諸事情があるにせよ、やりっばなしは、よくありませんね。

投稿: ken | 2011年8月 3日 (水) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366698/41055111

この記事へのトラックバック一覧です: アンチ浜の海と空と白い雲…本部・瀬底:

« 玉城の青い海を見つめる、哀愁のシーサー…南城・玉城 | トップページ | フリアンディーズのケーキは でーじまーさんどー…那覇・前島 »