« 沖縄そばとゆしどうふ~琉球茶房 すーる…那覇・久茂地 | トップページ | ひかりの乱舞〜ふたたびのサンダンカ »

2011年5月 7日 (土)

かつをめし「苗」のかつをめし…那覇・久茂地

Simg_0284r_4

前回の「琉球茶房 すーる」に続いて、那覇時代の行きつけの店です。

「すーる」から久茂地川沿いをゆいレール県庁前方向へ歩き、約100m行ったところで

左に曲がり、病院通りへ。

久茂地公民館の先に、ある店が「かつをめし 苗」。

   

何度も通った店にも関わらず一枚も写真が無いのです。

そこで、昨年の里帰り旅の際に、近所まで行ったついでに”パシャ”と撮らせて

いただいた写真。

昼間に撮り、あまり雰囲気が伝わるような写真ではないので

ちょいとPhotoshopで”ラフモノクローム風”に加工し、雰囲気を出してみました。

   

夜になると、「苗」と描かれた大きな提灯が下がり、レトロな感じに。

店に入ると、4人程度が座れる座敷が左右に3つと8人ほどが座れる座敷が

奥にひとつ、他は、テーブル席が3つとカウンター席。

壁と言う壁には、夥しい数の名刺や定期券や搭乗券が重なり合って

貼りつけられています。

もちろん私の名刺も、貼ってあるのですが、だいぶ昔に貼ったので、捜しても出てきません。

私が那覇にいた頃は、航空会社のCAの皆さんともお会いしたことがありました。

Simg_0285_2

   

さて、ここのメニューですが、

ご飯の上に乗った、風味のある醤油につけられたかつをと玉ねぎのスライスに

刻みのりがふりかけられた看板メニューの”かつをめし”。

7種類もの種類があるヒラヤーチー(やっぱりイカスミのヒラヤーチーがお薦め)。

10種類あるソーミンチャンプルー、島らっきょうの天ぷらや島タコのマリネ・・・。

まだまだたくさんありますが、忘れてならないのは、”苗サラダ”。

オリオンや”しまー”にも妙に合うんですね。

そうそう、”かつをめし”についてくる”里いもの煮っころがし”が、大好きでした!

店内の甕には、開店以来(30数年?)継ぎ足している”古酒”も。

いつも、飲んで喋った後の〆に、必ず”かつをめし”を

いただきました。

ハーフサイズもあるので、女子にも”飲んだ後のかつをめし!”をお薦めします。

   

最近は、観光客も多くなり、店で”うちなーぐち”を聞くことが少なくなってきたようですが、

沖縄居酒屋メニューにちょっぴり”内地の味”がしていたように思います。

故郷を遠く離れて生活していると、”内地の味”が恋しかったりするんですよ。

那覇で、”沖縄居酒屋料理に飽きてしまったら、でもやっぱり沖縄居酒屋料理がないと

ちょっぴりさびしい”というわがままな皆々様、那覇に行ったら寄ってみるのもいいかもしれませんね。

   

   

残念ながら店の中や料理の写真はありませんが、ご自分の目と舌で、ご確認くだされ(笑)

こんなのも、情報過多の時代では”ミステリアス”でいいかも(笑)

   

   

*画像にカーソルをあて、クリックすると画像が拡大します。

   

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

"ブログランキング"に参加しています。

下の”沖縄旅行”のバナーをポチっとクリックし、「応援」してくださると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

|

« 沖縄そばとゆしどうふ~琉球茶房 すーる…那覇・久茂地 | トップページ | ひかりの乱舞〜ふたたびのサンダンカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366698/39898630

この記事へのトラックバック一覧です: かつをめし「苗」のかつをめし…那覇・久茂地:

« 沖縄そばとゆしどうふ~琉球茶房 すーる…那覇・久茂地 | トップページ | ひかりの乱舞〜ふたたびのサンダンカ »