« あなたに あえたことに ありがとう…沖縄への愛をこめて・ブログ開設1周年 | トップページ | 海の真ん中、な〜んにもないことの心地よさ…久米島・はての浜 »

2011年5月23日 (月)

青いスクリーンが見える特等席へ、ようこそ…奥間

Photo_2

私をつつむ

波の音と太陽の光

そよぐ島風は心に染まり

   

ここは

海と空の青いスクリーンが見える特等席

だーれもいない美しい場所

   

いつか

だれかと来たい素敵な場所

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そろそろ、こんな風景が恋しい気候になってきました。

ちょっと気が早いですが、”先取り”です。

南の島は、梅雨を追いやる南の強い風”夏至南風”が吹いて、

毎年、6月23日前後に梅雨明けします。

そう言えば、那覇にいた頃は、梅雨の合間の晴れた日に、

ビーチへ繰り出して真っ黒に日焼けしていたものです。

今思うと、紫外線が強い時期であることも忘れて、青い海を見たい

一心だったような・・・。

”無謀なこと”をしていたものですね(笑)

   

画像にカーソルをあて、クリックすると画像が拡大します。

   

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

"ブログランキング"に参加しています。

下の”沖縄旅行”のバナーをポチっとクリックし、「応援」してくださると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

|

« あなたに あえたことに ありがとう…沖縄への愛をこめて・ブログ開設1周年 | トップページ | 海の真ん中、な〜んにもないことの心地よさ…久米島・はての浜 »

コメント

こんばんは。
沖縄のこの青に会いたいですね。。。
美しいですshine
先取り大歓迎です!
梅雨の週末、那覇行きを強行する予定です(笑)

投稿: snufkin♪ | 2011年5月24日 (火) 20時37分

>snufkin♪こんばんは。
ええっ~、いらっしゃるんですか”沖縄”。
羨ましい限りです。
あちらは、グズグズと降る雨の梅雨ではないので、
1日のいっときは、ティーダ(太陽)が顔を覗かせて
くれますよ。
あそこの天気は「曇りのち雨のち晴れ」の天気予報士
泣かせですから(笑)
でも、ティーダが顔を覗かせたら油断していてはダメですよ。
紫外線キツイですからね。
でもって、あっしは、いつ行こうかな~
やっぱり6月23日から7月10日までのアーリーサマーがいいかな。
料金安いし、真夏体験できるし。
でも休みが取れるかな?
snufkin♪、いらしたら、うちな~レポートまってますよ!

投稿: ken | 2011年5月24日 (火) 21時54分

こんにちはぁ^^
沖縄病を発症してる者には
目に毒なお写真ですね(笑)
タイトルの
”青いスクリーンが見える特等席・・・”
お洒落だゎ~
そこに座りたいです^^

投稿: mint | 2011年5月25日 (水) 11時31分

>mintさん、こんにちは。

沖縄病に効くのは、やっぱり「青に染まること」かな(笑)
この特等席、リザーブしたほうが、いいかもね(笑)

投稿: ken | 2011年5月25日 (水) 17時40分

こんにちは^^
出遅れましたが…1周年おめでとうございます♪
沖縄へのラブレターも1年ですか~^^
まだまだ綴ってください、楽しみにしています^^

沖縄らしい波の音が聞こえてきそうな景色ですね♪
ほんとこんな海を見ながらのんびり過ごしたいものです。
おっと日焼けには注意して^^;
九州北部ももう梅雨入りしそうです。。
今年は早い;;

投稿: lala-monologue | 2011年5月26日 (木) 12時35分

>lalaさん、あっというまの1年でした。
那覇から戻って、もう6年経ってしまいました。
離れているからでしょうか、
年々、沖縄への愛しさが募りますね。

これが長距離恋愛なんですね、きっと。

これからも、ぼちぼち沖縄への思いなんぞを、
書いていきます。
お暇なときに、お付き合いくださいね。

投稿: ken | 2011年5月26日 (木) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366698/40104267

この記事へのトラックバック一覧です: 青いスクリーンが見える特等席へ、ようこそ…奥間:

« あなたに あえたことに ありがとう…沖縄への愛をこめて・ブログ開設1周年 | トップページ | 海の真ん中、な〜んにもないことの心地よさ…久米島・はての浜 »