« ガゼボに腰かけて、目を閉じてみる…恩納村・万座 | トップページ | やちむんの里、独り占め…読谷村 »

2011年3月 5日 (土)

かじぬさき、まじむぬさき(風の酒、真心の酒)…原田マハ『風のマジム』を読む

Sdsc_3320

昨年の12月に講談社から発売され、すぐに読んだのですが、

またまた最近読み直してみました。(小説現代で2009年3月から連載されていましたが)

  

”琉球アイコム総務部勤務・契約社員・28歳”の伊波まじむ。

彼女の”南大東島のサトウキビを使って、風の酒を造る”というラム酒づくりの

企画が”社内ベンチャー事業コンテスト”で採用され、

彼女は、持ち前の体当たり精神で島に渡り、工場として、飛行場の跡地を借り受け、

伝説の醸造家を口説き落として・・・というストーリーです。

   

毎晩待ち合わせる桜坂劇場のカフェバーでのおばぁとの会話、カフェバーの

吾郎さん、豆腐屋を営む母親、会社の先輩・冨美江、後輩で南大東島に住む一郎、

新規事業開発部のメンバー、南大東島の町長や商工会の人達・・・。

まじむを取りまく人間模様を絡めながら、テンポよく話が進んでいく。

   

原田マハの『風のマジム』です。

   

沖縄産のラム酒造りに奮闘した金城祐子さんがモデルのフィクションです。

”うちなーぐち”が随所に出てきて、ご丁寧にルビまでふってあります。

実は、契約社員から女社長にまで登りつめたサクセスストーリーなのですが、

そんな胡散臭さは全くなく、南大東島の風を感じ、人の温かさを感じ、

読み終わった後は、ほんのりした気分になりました。

   

『カフーを待ちわびて』以来の原田マハさんの小説でしたが、

原田マハさんが書く女の子は、いつも爽やかで前向きで元気一杯ですね。

   

話は余談ですが、那覇在任中に一緒に仕事をしたうちなーんちゅの女性スタッフ達も、

みんな前向きで、爽やかで元気いっぱいだったなぁ〜。

”あの時のように、また一緒に仕事をしてみたい”とふと思い出させてくれる小説でした。

   

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

"ブログランキング"に参加しています。

↓ここを、ポチっとクリックし、「応援」してくださると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

|

« ガゼボに腰かけて、目を閉じてみる…恩納村・万座 | トップページ | やちむんの里、独り占め…読谷村 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366698/39103043

この記事へのトラックバック一覧です: かじぬさき、まじむぬさき(風の酒、真心の酒)…原田マハ『風のマジム』を読む:

« ガゼボに腰かけて、目を閉じてみる…恩納村・万座 | トップページ | やちむんの里、独り占め…読谷村 »