« あの時と同じ月がでた…那覇・西町 | トップページ | お土産に”沖縄の塩マースストラップ”をMAXで…那覇・牧志 »

2011年1月25日 (火)

夜の国際通りを闊歩するのは…那覇・牧志

Sdsc_2886

ここを歩いていると、昼と夜の境目が分からない。

極彩色のネオンが瞬き始めた時、夜の訪れを感じるだけだ。

そこには、沖縄のオレンジ色の夕陽の切なさや、薄墨色の空のはかなさもない。

   

”奇跡の1マイル”と称された戦後復興の象徴は、

内地からの老若男女の観光客で溢れかえっていた。

Sdsc_2888

この通りの真ん中あたり、

ふと見上げると、ハンガーに吊るされたTシャツがくるくる回っていた。

若い人たちに人気の店。

最近は、こうしたセレクトショップのような店が増えてきた。

   

商業主義に毒されているこの通りは、あまり好きになれないが、

どうして足が向いてしまうのだろうか。

   

那覇に住んでいた頃は、こんなことを考えていた。

”雑踏の中に自らを置くことの安心感?”

”人恋しさ?”

”何かが起きることへの期待感?”

  

すっかりと夜の帷が落ちたこの通りを、

今日もまた、女子高校生たちが嬌声をあげながら、闊歩していた。

   

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

"ブログランキング"に参加してます。

↓ここを、ポチっとクリックしていただき、「応援」してくださると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 

|

« あの時と同じ月がでた…那覇・西町 | トップページ | お土産に”沖縄の塩マースストラップ”をMAXで…那覇・牧志 »

コメント

こんばんは^^
こういう場所はどこも変わらないのかな?
国際通り…昔とは変わってるんでしょうね^^
こういう場所に足が向くってことは
kenさんはさびしがり屋さんかな^^

投稿: lala-monologue | 2011年1月25日 (火) 21時20分

こんばんは(^-^)
kenさんのファインダーを通すと国際通りもこんなに素敵に見えるのですね☆
昔に比べると「原宿化」して来た印象を受ける国際通りですが
やはり何故か足が向いてしまいますよね。
沖縄の友人に教えてもらった国際通りの素敵なソウルバーは
観光地である事を忘れる素敵な空間でしたよ。
こんなお店もあるんだな~とその時思いました♪

「鍵石」さんで雑貨を見るのが私の至福のひと時です!
あ~今すぐにでも飛んで行きたいっ!!

投稿: kukuru | 2011年1月25日 (火) 23時42分

lalaさん、あったり〜
基本的には、淋しがり屋ですね。
ワイワイカヤガヤの輪の中にいたい私です(笑)

投稿: ken | 2011年1月26日 (水) 07時39分

kukuruさん原宿化とは、上手い表現ですね。
でも足が向いてしまう不思議な所です(笑)
「鍵石」の雑貨の冷やかし、私もよくやります(笑)

投稿: ken | 2011年1月26日 (水) 07時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366698/38603826

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の国際通りを闊歩するのは…那覇・牧志:

« あの時と同じ月がでた…那覇・西町 | トップページ | お土産に”沖縄の塩マースストラップ”をMAXで…那覇・牧志 »