« NAHA レトロラビリンス…那覇・桜坂劇場 | トップページ | むむっ。同姓同名…那覇・那覇空港 »

2010年12月17日 (金)

こうして那覇の夜は更けていくのでした…那覇・竜宮通り社交街

Sdsc_2605

そこへ一歩足を踏み入れたとたん、迷宮へと入り込む。

目に飛び込んでくるのは、錆びたトタン屋根、古びた看板にボロボロの扉。

どれも、場末感にあふれ、昭和初期そのままを感じさせる。

戦後、沖縄一の繁華街として賑わいをみせたこの界隈は、

さびれつつもなお、当時のままの面影を残す。

  

夜になるといっそう湿った空気に包まれて行く桜坂。

そんな桜坂社交街を抜けると”竜宮通り社交街”へ出る。

国際通りに近い入口付近に”小桜”はある。

  

狭い10席程度のカウンター席の店ではあるが、大阪生活が長い大将と

美人の奥さんと隣に座ったお客と、和気藹藹の会話が楽しい。

先代が店を開いてから50年もの年月を重ね、今は2代目。

シンプルな塩味のソーミンチャンプルーは絶品。

そして、塩テビチ、味噌ピーも良い。品数は少ないが、どれもウマい。

忘れてならないのは、泡盛の種類の多さ。

時間が経つのを忘れるくらいゆる~い空気が流れている。

  

こうして那覇の夜は更けて行くのでした。

  

というわけで、ディープな時間を過ごした”沖縄里帰り初日”は終了し、

明日からは石垣島レポートをスタートします。

  

ブログランキング"に参加してます。

↓ここを、ポチっとクリックしていただき、「応援」してくださると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 

|

« NAHA レトロラビリンス…那覇・桜坂劇場 | トップページ | むむっ。同姓同名…那覇・那覇空港 »

コメント

こんにちは(^-^)
「社交街」って響きがいいですよね~。
つまみの品数は少ないけど泡盛の種類が多いってのは
とっても理想的ですね♪
うちの近所にはそのようなお店が中々ないので
そろそろ自分で作ってしまおうかと思っているほどです。
勉強の為に小桜さんに今すぐにでも行きたいっ☆

投稿: kukuru | 2010年12月18日 (土) 11時41分

>kukuruさんも、青い海蒼い空より、ディープな沖縄派ですね、きっと(笑)
舌で覚えていらっしゃる沖縄料理を極めてください。
そのうち沖縄料理の店を出すな〜んてことに(笑)

私は、畏まった店より、こういう感じの店がすきですね。
街も迷宮に紛れ込んだように怪しくていいですね。

投稿: しまないちゃーのken | 2010年12月18日 (土) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366698/38117861

この記事へのトラックバック一覧です: こうして那覇の夜は更けていくのでした…那覇・竜宮通り社交街:

« NAHA レトロラビリンス…那覇・桜坂劇場 | トップページ | むむっ。同姓同名…那覇・那覇空港 »