« あの頃見た日常の風景…那覇・久茂地 | トップページ | 変わらない笑顔がそこにある…那覇・一銀通り »

2010年12月15日 (水)

すーじ小で見つけた茶屋…那覇・壺屋

Sdsc_2576

国際通りの喧騒を嫌って

何度足を運んでも、新しい発見がある壺屋へ。

やちむん通りを冷やかしながら左にそれて、路地に入り小道を上って行く。

すると、壺屋に溶け込んでいるような古民家に遭遇。

赤瓦の上のシーサーくんがギョロリとこちらを睨んでいる。

そして可愛い色の暖簾が風に揺れて、僕に手招きをする。

誘われるままに近づいてみる。

目を凝らしてみると小さな看板に”茶屋すーじ小”の文字。

後日聞いた話では、約70年経った民家を改装した店だそうだ。

特製の沖縄そばやぜんざいが味わえるとのこと。

また、新しい発見。

だから まち歩きはやめられない。

   

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

"ブログランキング"に参加してます。

↓ここを、ポチっとクリックしていただき、「応援」してくださると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

|

« あの頃見た日常の風景…那覇・久茂地 | トップページ | 変わらない笑顔がそこにある…那覇・一銀通り »

コメント

壺屋。
一度はゆっくり回ってみたい場所なんですが、本島から遠ざかってたり、本島に行っても那覇には滞在しなかったりで、未だに行っていない場所なんですよね。
新婚旅行並の長期連休取れたら、なおかつ場所が沖縄だったら、那覇近辺をチャリンコで散策も楽しそうですね。
条件は厳しそうですが(笑)。

投稿: しゅん | 2010年12月15日 (水) 01時56分

>しゅんさん、お立ち寄り有り難うございます。
那覇は、どうしても後回しになってしまうのですが、
私は住んでいたこともあって、レトロな感じがすきですね。
青い海と蒼い空だけではない沖縄も魅力的です。
あっ、そうそう、国際通り近くにレンタサイクル屋さんができてました。
うちなーんちゅは、ほとんど自転車には乗りません。
あの夏の日差しを考えたら当然と言ってましたが、私の日常の用足しはチャリンコでした(笑)

投稿: しまないちゃーのken | 2010年12月15日 (水) 07時02分

こんにちは^^
いい雰囲気♪
ガイド本では見れない沖縄にワクワクします。
暖簾がまた沖縄ムードたくさん^^
あ~沖縄そば食べたいです(>_<)
沖縄病…悪くなりませんように。。。^^

投稿: lala-monologue | 2010年12月15日 (水) 16時42分

>lalaさん、コメント有り難うございます。
沖縄では、路地や小道のことを「すーじぐわぁ」と言いますが、
ここに迷い込むと、思わぬ発見をすることがあります。
そういう時って、凄く得した気分になりますね。

皆に教えたくない気持ちが半分、自慢したい気持ちが半分という思いになります(笑)

投稿: しまないちゃーのken | 2010年12月15日 (水) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366698/38083470

この記事へのトラックバック一覧です: すーじ小で見つけた茶屋…那覇・壺屋:

« あの頃見た日常の風景…那覇・久茂地 | トップページ | 変わらない笑顔がそこにある…那覇・一銀通り »