« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

一喝~那覇・壺屋

Sdsc_1243

今日から11月3日まで那覇の壺屋では、

「壺屋やちむん通り祭り2010」が開催されているようです。

残念ながら飛んでいけない私は、ここで壺屋の思い出をひとつ。

 

那覇へ里帰りした時に、必ず寄る場所、それは壺屋です。

”ピッピッ”とくるものはないか、掘り出し物はないか、

キョロキュロと冷やかしながら歩きます。

今までで、最も印象に残っているのが、写真のシーサーでした。

 

悩んでいるとき、手を抜いているときに、

「喝っ」と叱咤してくれているような形相をしたシーサーでした。

 

1年後に行ったときには、ショウウインドウからその姿は消えていました。

今頃、大きな目を見開いて、どこのだれに気合をいれているんでしょうかね。

 

 

sunお立ち寄りいただき、ありがとうございます。

"ブログランキング"に参加してます。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

銀杏の葉・・・さんぽカメラ#6

Simg_2151_3

外では、季節はずれの台風が暴れています。

こんな日は、家にいて

あたたかいミルクティーでも飲みながら

本でも、読むことにします。

本棚から引っ張り出して開いたページは

「ゲーテ詩集」の”銀杏の葉”

   

これは はるばると東洋から
わたしの庭に移された木の葉です
この葉には 賢者の心をよろこばせる
ふかい意味がふくまれています

これは もともと一枚の葉が
裂かれて二枚になったのでしょうか
それとも 二枚の葉が相手を見つけて
一枚になったのでしょうか

こうした問いに答えられる
ほんとうの意味がどうやらわかってきました
わたしの歌を読んであなたはお気づきになりませんか
わたしも一枚でありながら あなたとむすばれた二枚の葉であることが

   『ゲーテ詩集』(井上正蔵訳、旺文社文庫、1968年)より

   

窓を叩く雨と風の音、白く煙った街、ミルクティを入れたカップから立ち上る湯気、

そして銀杏の葉・・・。

秋は、誰でもが詩人になれる季節です。

(Photo:山梨県富士五湖のひとつ河口湖畔で撮った銀杏の葉)

   

sunお立ち寄りいただき、ありがとうございます。

"ブログランキング"に参加しています。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

溢れる光の中で〜沖縄市

S

南の島の満ち溢れる光の中で

もう一人のわたしが見える

嘘も嫉妬も虚勢も

みーんな 透けて見える

  

  

(Photo:沖縄市東南植物楽園園内で撮影)

  

  

沖縄市の東南植物楽園へ行った際に、足元にあった

貝殻の水鉢にハイビスカスが浮かんでいました。

溢れんばかりの光の中で、ハイビスカスの影が、いつもは

見えない、隠れている心を映し出しているように思えました。

  

 

sunお立ち寄りいただき、ありがとうございます。

"ブログランキング"に参加してます。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

波になる~伊良部島

Simg_6613

遠い珊瑚礁を超えてやってきた わたしの想いは

白い砂浜に しゅわしゅわっと 沁みていく

  

寄せては返す あなたへの想い

  

あなたは 砂浜

  

あなたのこころに 沁みていくなら

わたしは いつでも 波になる

  

(Photo:伊良部島・沢田の浜近くの浜辺) 

  

 

sunお立ち寄りいただき、ありがとうございます。

"ブログランキング"に参加してます。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

夜化粧する川〜那覇

Simg_3094

疲れきった昼の鈍色を どこかに隠して 

夜のネオンで化粧する川

その上を 二本の軌道が走る

 

今までを 壊したくなかったから

必要だったから 

と ついた嘘

偽善に包まれた嘘

 

どれが ほんとうのキミか わからない

素顔のキミが わからない

というあなた

 

もうすぐ

首里行きの最終のゆいレールがやってくる

 

ふたりの 恋の終着駅は どこにあるのだろうか

 

(Photo:ゆいレールの軌道・県庁前駅付近を、ホテルの部屋から撮影)

 

昼間は、ドブ川のような色をした久茂地川ですが、夜の訪れとともに周囲のネオンが輝きはじめると、

川面にその光が反射して、まるで化粧をしたように美しくなります。

まるで、私たちを騙すように・・・。

ほんとうの姿が 見えなくなります。

その上を“ゆいレール”の軌道が覆いかぶさるようにして伸びています。

そこには、今日もたくさんの物語が生まれているのでしょうね。

 

 

sunお立ち寄りいただき、ありがとうございます。

"ブログランキング"に参加してます。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

艶っぽい秋の夕暮…ちょっとよこみち#5金沢

Simg_5673

夜になると、秋の虫たちが自らの存在を主張するように鳴き始めた今日この頃。

自宅近くの海へいっても、夏の喧騒が嘘のように誰もいない海。

秋の気配が色濃くなりつつあることを実感しています。

   

今日は、昨年のちょうど今頃訪れた私の大好きな街・金沢です。

   

加賀百万石前田家の城下町で、今も歴史と文化の町なみが残り、

最近は現代アートの美術館もでき、郷土料理、和菓子、日本酒もあり・・・そんな「金沢」の町なか散策.。

   

金沢市内を循環する可愛いレトロ感覚の「金沢周遊バス」や「金沢ふらっとバス」のほか、

路線バスも縦横に走っていて観光客にとっては便利この上ない交通網です。

私が乗った「金沢周遊バス」の運転手さんは、みな女性。

お客様とのやりとりも物腰が柔らかく、とても好感が持てました。

   

私は、粋で色街の艶っぽさを残す風情ある街なみが大好きで、地方都市に行った際、

このような街なみが存在する場所には必ず足を運ぶことにしています。

そこで、夕暮れの茶屋街を歩いてみました。

   

訪れたのは金沢三大茶屋街の一つである「ひがし茶屋街」と「主計町茶屋街」(かずえちょうちゃやがい)。

「ひがし茶屋街」は、文政3年に加賀藩が、この近辺に点在していたお茶屋を集めて整備したもので、

石畳の道の両側に紅殻格子のお茶屋が軒を連ね、加賀藩時代の情緒を色濃く残しています。

Simg_5686

浅野川沿いにある「主計町茶屋街」は、陽が傾き始めると、

それぞれのお茶屋さんの軒先にかかる提灯の淡い光が浅野川の水面に映し出され、

さらなる風情を醸し出していました。

Simg_5697

空が茜色に変わり始めた頃、

紅殻格子の向こう側から三味の音が今にも聞こえてきそうな

艶っぽい秋の夕暮れのそぞろ歩きでした。

Simg_5689

   

sunお立ち寄りいただき、ありがとうございます

"ブログランキング"に参加しています。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

若紫に染めて・・・さんぽカメラ#5

Sdsc_1786_2 

子どものころは 甘えん坊で 泣き虫で 

ママの傍から 片時も離れなかったキミ

   

今日は 若紫のマニキュアをして 出かけていく

控えめに しなやかに しとやかに 

柔らかな花の色で あたりを若紫に染めて

   

「いい時間を 過ごして来いよ」

後姿が 小走りに遠ざかる

Sdsc_1764

 

(Photo:イワシャジン:岩沙参と書く。湿気の多い岩の影などに咲く山草。キキョウ科の一種で、若紫色の鐘形の花が可愛く、繊細な雰囲気漂う秋の花。最近は鉢花としても植えられている。)

   

   

いつまでも、子どもと思っていた娘の初デートの日。大人になった娘の姿にハッとし、心配し、エールを送る親父の気持ちですかね。

(残念ながら、私には娘がおりませんので、あくまで想像ですよ・笑)

   

   

sun"ブログランキング"に参加してます。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

手紙~竹富島の郵便ポスト

Sdsc_5197_2

島の海の色をしたインクで

あなたに 手紙を書いた  「今まで ありがとう」

  

文字が 涙で滲んで 波になった

  

あなたの心に わたしの居場所があったころ

ふたりで来た 南のちいさな島

  

私の思い出は

 

南の島の真っ赤な郵便ポストに

手紙と一緒にスルリと落ちた

  

あの夏を 思い出させる

海の匂いのする風が吹いていた

  

(Photo:竹富郵便局)

  

sunお立ち寄りいただき、ありがとうございます。

"ブログランキング"に参加してます。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

ゆらゆらと千日紅・・・さんぽカメラ#4

Sdsc_1706

秋風に吹かれてゆれる 赤紫のポンポン

キミは 無邪気に可愛いと はしゃぐけれど

ゆらりゆらりと ゆれる千日紅は

哀しいまでに いまのふたり

    

千日育てた愛なのに

キミの気持ちは みぎひだり

    

花言葉は 不滅の愛というけれど

キミの気持ちが 風にゆれる

    

sun"ブログランキング"に参加してます。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

わたしは港…ちょっとよこみち#4横浜みなとみらい

Simg_4506

風は 遠くからやってきて やさしく語りかけ

ヨットの白い帆をイメージしたホテルの窓には 陽が降り注ぐ

   

あなたの船は 水面にS字の白い絵を描き

あちこちの船着き場を行き来する

   

どこへ行ってもいいけれど

きっと ここへ戻ってくる

   

わたしは 港

   

いつでも あなたが帰ってこられる場所

   

   

Simg_4493    

(写真:横浜みなとみらい)

    

sun"ブログランキング"に参加してます。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

鳳凰木の花が咲いた日〜那覇

Simg_5898_2

「オレ 内地へ行くさぁね 必ず戻るばぁ」

あなたは 涼やかな長い睫毛に縁どられた 意志の強い眼差しで

真っ直ぐに わたしを見つめて言った

   

黙って頷くだけのわたしに

真っ赤な花をつけた鳳凰木が

夏の名残の湿った風に吹かれて サワッサワッと嗤った

   

そして 燃えるような緋色の炎に彩られた鳥は

翼を大きく広げ  小首を傾げて わたしを振りかえりながら 

天空へと 羽ばたいて行った

   

   

あれから4年

   

いまは もう わたしには 想い出をなぞることしかできない

   

那覇の街には

あの時と同じように 緋色の花が咲いた

   

“赦すことが愛”と思っていた頃と同じ緋色の花が・・・

   

   

(Photo:那覇市内に咲くホウオウボクの花)

   

sun"ブログランキング"に参加してます。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 

ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

心ゆらぎの落日〜宮古島西平安名

Simg_6580

肩を寄せ合う ふたりの間に

大きな夕陽が落ちていく

   

ふたりは 黙って 茜の空を見つめてる

   

あと少しの距離なのに

となりのあなたが 近くて遠い

   

薄墨色に染まる夜が来て

あなたを隠してしまうまで

   

ほんとは ずっとあなたの横顔を見つめていたいのに

   

心がゆらぐ岬の落日

   

(Photo:宮古島西平安名崎に落ちる夕陽)

   

恋人同士のように寄り添うアダンの木の間から、空をこがして夕陽が沈みました。

落ちる夕陽を見ながら、心が揺れる時間です。

やがて空は、薄墨色へと変わっていきました。

ある日の西平安名崎です。

   

sun"ブログランキング"に参加してます。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 

ありがとうございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

蒼穹の砂州〜久米島はての浜

Sr1

真っ白い砂浜に大の字に寝ころび

無限に広がる

深く吸い込まれそうな壮大な青いソラを見ている

  

やがて見渡す限りの紺碧は闇に変わり

ぼくは

自分がいる場所がわからなくなる

  

ここは深い海の底

それとも高い空の上

  

(写真:久米島はての浜)

    

sun"ブログランキング"に参加してます。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 

ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

いいだせなくて…ちょっとよこみち#3東京・六本木

Simg_5343

言いだせなくて

時間がぼくを すりぬけていく

    

濃いブルーのインク色した闇に

今日こそ きみを閉じ込めてみよう

    

ネオンの瞬きに 後押しされながら

そして ひと言

    

「好きです」と・・・    

    

(写真:ザ・リッツカールトン東京45F「タワーズグリル」より撮影)

    

sun"ブログランキング"に参加してます。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 

ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

紅蓮の炎に包まれて~オクマの夕景

S

透き通る大きな青い空と

群青の海原の

境界線が消え

    

やがて

空が燃え

紅蓮の炎に染まる

    

君の瞳も髪も頬も

オレンジ色に包まれて

    

押し黙ったまま

オクマの夜の入り口に溶けていく

    

(写真:本島北部・奥間)

    

sun"ブログランキング"に参加してます。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

月の小舟~那覇の朝

Simg_3076

早起きの太陽が

東の空から昇り

 

夜ふかしな街は

眠い目をこすりながら

起き始める

 

ボクはというと

太陽におつきあいして

早起きしてしまって

 

夜の港に戻れなかった

月の小舟に

「おはよう」と声をかける

 

薄紫色の朝に残されてしまった有明の月は

宙に漂う小舟

 

藍と紫が混じりあった那覇の朝に

凛と輝く

 

 

*今回は、5月27日に記事にした“南の島の残月”の写真の「暖ったかバージョン」です。

こちらが、5月27日のクールバージョン。

朝は、こちらの方が合っているかな。

Simg_3075

写真は、那覇市内のホテルの部屋から撮影

 

sun"ブログランキング"に参加してます。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

あれ、何に見える?池間大橋の空に浮かぶ雲~宮古・池間大橋

Sdsc_5494

おおきな真っ青のキャンバスに

雲が絵を描く

  

ソラに流れる風が

アーティスト

  

池間のソラが

アートなソラに変わる

  

「あの雲なにに見える?」

「うさぎさんだぁ~」

  

一緒にソラを見ていた

母娘の会話も

  

真っ青なソラに吸い込まれて

風に舞う 

  

sun"ブログランキング"に参加してます。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 

ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

赤い花なら・曼珠沙華…さんぽカメラ#3

Sdsc_1640

真っ赤な彼岸花が咲く

天上に咲くという架空の花、曼珠沙華

悲しみと思慕を含みながら

華麗に咲く

Sdsc_1637

赤い花なら曼珠沙華・・・

うちなーのアカバナーとは違う

憂いを含んだ赤い花

  

彼岸も

とっくに過ぎて

やがて季節は本格的な秋

  

sun"ブログランキング"に参加してます。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

どぅーぐるいさぁ~美ら海のジンベイザメ

Simg_3510

あんまり アップで撮らんでよ~

どぅーぐるいさぁ~

わんが たーか わかるかねぇ~

わんね~ 美ら海ぬ ジンベイザメやっさ~

”ジンベイザメぬ どぅーちゅいむにー”

     

(PHOTO:美ら海水族館・黒潮の海のジンベイザメ)

     

あんまりアップで撮らないで下さい

恥ずかしいです

私が誰だか分かりますか

私は美ら海水族館のジンベイザメです

”ジンベイザメの独り言”

という意味のつもりですが、ナイチャーの私がウチーナーグチを使うのは

やっぱり難しいですね(´・ω・`)ショボーン

     

sun"ブログランキング"に参加してます。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »