« 安堵のため息が 佐敷の集落へ 下りていく〜南城市・佐敷 | トップページ | 昼と夜の境界線で 涼やかな風と友達になった〜オクマビーチ »

2010年8月18日 (水)

宮古島で見つけたお洒落な居酒屋〜宮古島「島市場 越え門」

Simg_6588  

3月に宮古島へ行ったときに見つけたお洒落な居酒屋。

その店は、空港から15分の島の繁華街である西里にある「島市場 越え門」。

打ちっぱなしのコンクリートのビルの2階にあり、窓際はガラス張りになっていて、通りからも店の様子をうかがうことができる。

店内にはジャズのBGMが流れ、木を基調にしたインテリア類が心地良い空間を作り出している。

オーナーは宮崎出身で、旅行会社を辞めて宮古島へ移り店を始めたとか。

器は奈良から取り寄せというこだわりである。店のあちこちにオーナーのセンスが光る。

宮古牛のお刺身と握り、

ラフティのチーズ焼き、

マグロの本トロのお刺身、

海ぶどうサラダ、

Simg_6587

じーまみ豆腐やにんにくと秘伝の調味料を漬け込んだ酢が美味なモズク酢など、

島の食材を使った沖縄料理と日本料理の和琉の創作料理が丁寧につくられ、

こだわりの和の器に盛り付けられている。

もちろん島の泡盛や宮崎産の芋焼酎もあり、料金もリーズナブルである。

     

心地良い空間に身を置き、見た目も美しい美味しい料理をいただきながら、

ゆったりと流れていく宮古島の上質な島時間を味わうことができる。

     

住所は沖縄県宮古島市平良字西里311

sunブログランキング"に参加してます。

↓「読んだよ〜」と、ポチっと押していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 

ありがとうございました。

|

« 安堵のため息が 佐敷の集落へ 下りていく〜南城市・佐敷 | トップページ | 昼と夜の境界線で 涼やかな風と友達になった〜オクマビーチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366698/36223655

この記事へのトラックバック一覧です: 宮古島で見つけたお洒落な居酒屋〜宮古島「島市場 越え門」:

« 安堵のため息が 佐敷の集落へ 下りていく〜南城市・佐敷 | トップページ | 昼と夜の境界線で 涼やかな風と友達になった〜オクマビーチ »