« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

今週は全島エイサー。その前に原宿スーパーよさこい2010で ちむどんどん!

Photo

まだまだ猛暑が続いていて“夏の終わり”の寂しさはありませんが、今日で8月も終了。

沖縄は台風に囲まれ、久々に本島直撃のようです。今頃は、風雨が強くなっているのではないでしょうか。

くれぐれも気をつけてくださいね。

   

”夏まつり好き”にとっては、8月が終わるのはちょっぴり寂しい気もします。

   

ということで、28日(土)・29日(日)に開催された「原宿表参道元氣祭スーパーよさこい2010」に行ってきました。

この「スーパーよさこい」、東京の夏まつりでは、浅草のサンバ、高円寺の阿波踊りと並んで"3大夏祭り”と呼ばれています。

そのうち新宿のエイサーも加えて“4大夏祭り”と呼ばれる日が来るのを夢見ていますが・・・。

原宿口、文化館、NHK前ストリート、代々木体育館のステージや通りが、そして29日は表参道アベニューのストリートが会場になります。

   

私が行ったのは29日(日)の原宿口ステージと表参道アベニューでした。

この日も34℃の猛暑で熱中症が心配な天気でした。

約100チームが参加し、本場高知からは10チーム。約6,000人の踊り子が結集。

それぞれが鮮やかな衣装をまとい、飛び散る汗を気にすることなく、個性豊かにパフォーマンスが繰りひろげられました。

    

それにしても、みなさんいい表情をして踊っています。

98 Photo_15 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8 Photo_9 Photo_10 Photo_11 Photo_12 Photo_13 S Photo_14

(一番上は、國士舞双。下は順にぞっこん町田’98・上町よさこい鳴子連・甲斐◇風林火山・勇舞会・かなばる・上總組・夜高舞緋組・聯・桜(高知中央高等学校)

・舞花・東京メトロシーブルー・ほにや・早稲田大学"踊り侍”・躍動)

残念だったのは、時間の都合で、「元氣祭大賞」を受賞した”十人十彩”の演舞をみることができなかったことです。   

   

そして9月に入って3日(金)~5日(日)には、沖縄市陸上競技場で「第55回全島エイサーまつり」。

残念ながら今年は、飛んで行けませんが、こちらも素晴らしいパフォーマンスを見せて欲しいですね。

55

9月中旬には、OTVで録画放映されるでしょうから、沖縄の知人にDVDに録画してもらい送ってもらうことにします。

   

"ちむどんどん”する思いは、どのまつりも一緒ですね.

   

sun"ブログランキング"に参加してます。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

買われて行ったアカバナー

Sdsc_0171_2

先日近くの花屋さんに

向日葵と並んで

可愛い鉢植えの黄色いハイビスカス がありました

   

お茶をしている間に

そのアカバナーは

誰かに買われていきました

 

   

ちょっぴり残念でもあり

嬉しくもありました

   

アカバナーを見つけると

条件反射的にシャッターを押してる

自分がいます

やっぱりアカバナーは

沖縄を思い出させる花です

   

撮りためた

赤、黄、橙、白のアカバナー達です

皆さんのお気に入りはありましたか?

Scsc_0310 Sdsc_0028 Sdsc_0029 Sdsc_0172 Sdsc_5775_3 Simg_0191 Ssdsc_5773 Sdsc_0031 Sdsc_0267 Sdsc_3611 Sdsc_3612 Sdsc_3617 Sdsc_5753 Sdsc_0159_2 Sdsc_0181_2 Simg_3572 Simg_3573_2 Sdsc_5778

   

sun"ブログランキング"に参加してます。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

しぶきが虹色にはじけて〜沖縄 東南植物楽園

Srainbow

赤、橙、黄、緑、青、藍、紫

七つの色が踊るよ

噴水のしぶきにはじけて

七つの色が踊るよ

私のハートもレインボーカラー

水のしぶきと光が遊ぶ

南の島の昼下がり

  

  

沖縄本島中部にある東南植物楽園テゥリスの泉。

こんな噴水のしぶきだったら、いつでも濡れてもいいなって思う。

(このテゥリスの泉、おそらく、今はないと思われます)

  

sunブログランキング"に参加してます。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

今日もいい日の予感~オクマビーチの朝

Sdsc_0117

海と遊んだほどよい疲れと島の酒のおかげで

ぐっすりと眠った夜は

少しばかり早起きをして 朝のさんぽ

    

昼間は容赦なく照りつける島の夏の太陽も

まだ 目が覚めていないのだろうか

刺すような陽射しは届いていない

    

昨日の夜のような

東シナ海から流れてくる

島独特のモヤッとした空気はここにはなく

海の彼方から珊瑚礁をこえてやってくる風に導かれた

夏の朝の爽やかな空気に包まれている

    

ときおり

やしの木がサワッと揺れる 

   

シーンと静まりかえったプールの水面が

柔らかな陽射しの中でかすかにゆれる

    

ここは、国頭村奥間のリゾートホテル

今日も いい日の予感

    

(PHOTO:本島国頭村奥間・JALプライベートリゾートオクマのプールサイド)

     

sunブログランキング"に参加してます。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

昼と夜の境界線で 涼やかな風と友達になった〜オクマビーチ

Sdsc_0059

昼間の喧騒が嘘のように静まり返ったビーチ

強烈な陽射しも水平線に隠れ

青や赤の原色からセピア色に変わる

これから始まる晩餐までの静かな時間

     

襟足を撫でて通り過ぎる海からの風が

昼間の火照りを抑えてくれる

     

昼と夜の境界線で

涼やかな風と友達になった

     

(PHOTO:本島国頭村奥間・オクマビーチの夕暮れ)

     

sunブログランキング"に参加してます。

↓ポチっと押して「応援」していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

宮古島で見つけたお洒落な居酒屋〜宮古島「島市場 越え門」

Simg_6588  

3月に宮古島へ行ったときに見つけたお洒落な居酒屋。

その店は、空港から15分の島の繁華街である西里にある「島市場 越え門」。

打ちっぱなしのコンクリートのビルの2階にあり、窓際はガラス張りになっていて、通りからも店の様子をうかがうことができる。

店内にはジャズのBGMが流れ、木を基調にしたインテリア類が心地良い空間を作り出している。

オーナーは宮崎出身で、旅行会社を辞めて宮古島へ移り店を始めたとか。

器は奈良から取り寄せというこだわりである。店のあちこちにオーナーのセンスが光る。

宮古牛のお刺身と握り、

ラフティのチーズ焼き、

マグロの本トロのお刺身、

海ぶどうサラダ、

Simg_6587

じーまみ豆腐やにんにくと秘伝の調味料を漬け込んだ酢が美味なモズク酢など、

島の食材を使った沖縄料理と日本料理の和琉の創作料理が丁寧につくられ、

こだわりの和の器に盛り付けられている。

もちろん島の泡盛や宮崎産の芋焼酎もあり、料金もリーズナブルである。

     

心地良い空間に身を置き、見た目も美しい美味しい料理をいただきながら、

ゆったりと流れていく宮古島の上質な島時間を味わうことができる。

     

住所は沖縄県宮古島市平良字西里311

sunブログランキング"に参加してます。

↓「読んだよ〜」と、ポチっと押していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

安堵のため息が 佐敷の集落へ 下りていく〜南城市・佐敷

Sdsc_1326

馬天の交差点を右折し

137号線の親慶原辺りの高台から

中城湾を見下ろす

     

手前に佐敷の集落 

左手には与那原、西原、遠くには中城

     

さとうきび畑に

太陽がつくった雲の形が浮かび上がり

キラキラと中城湾が輝く

     

”ふぅ〜”とついた安堵のため息が

ゆらゆらと風に乗って

佐敷の集落へ下りていく

     

sunブログランキング"に参加してます。

↓「読んだよ〜」と、ポチっと押していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

黄昏ブル−…ちょっとよこみち#2箱根・強羅公園

Simg_1097_2

昼間の日射の火照りを冷ますように

山からの風が心地良い

黄昏ブルーの空に

噴水の水が涼やかに飛び散る

昼と夜の境目

心と身体のクールダウン

     

     

     

昼間の猛暑に耐えかねて箱根山までひと走り。

箱根外輪山からの涼やかな風が、火照った身体を

冷やしてくれました。

Simg_1117r

(Photo:箱根強羅公園)

     

sunブログランキング"に参加してます。

↓「読んだよ〜」と、ポチっと押していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

沖縄の黄は 太陽の色 高貴な色 そして幸福の色

S

黄は

明るく無邪気で天真爛漫で

楽天的でそして快活な色

まるで

うちなーんちゅのように

     

紅型、ハイビスカス、ゆうな、イッペー、アリアケカズラの花、シークワーサー・・・

     

沖縄の黄色は眩しいほど鮮やかだ

     

沖縄の黄は

太陽の色

高貴な色

そして幸福の色

     

( Photo:イッペイの花 3月~4月に咲く)

     

sunブログランキング"に参加してます。

↓「読んだよ〜」と、ポチっと押していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

赤の誘惑 赤の力 赤の沖縄

Sdsc_0843

朱、弁柄、黄赤、サンゴ朱、唐紅、ワインレッド、カーマインレッド・・・

沖縄の赤は

生命 情熱 歓喜を象徴するかのように

いくつもの表情をもつ

     

東シナ海の湿気とギラギラと輝くティーダの下で

赤が鮮烈に自己主張する

多彩な赤の競演

     

赤の誘惑  赤の力

赤の沖縄

(Photo:首里城正殿)

     

sunブログランキング"に参加してます。

↓「読んだよ〜」と、ポチっと押していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 

ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

青に魅かれて 青に癒される 青の沖縄

Sdsc_0574_2

群青、瑠璃、青緑、蒼、紺碧、紺青、

ライトシアン、パウダーブルー、コバルトブルー、パールターコイズ、

ダークターコイズ、シーグリーン、アクアマリン、エメラルドグリーン、

クリスタルブルー、マリンブルー、ミントブルー・・・。

   

沖縄の海を形容する青い色たち。

   

青に魅かれて、青に癒される。

青の沖縄。

   

(Photo:本部半島グリーンフラッシュビーチ)

      

sunブログランキング"に参加してます。

↓「読んだよ〜」と、ポチっと押していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 

ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

旅人の木と夏の碧い空〜沖縄市

Photo

大きな碧い空に浮かぶ白い雲に届けとばかり

「旅人の木」はすくっとたっています。

ひゅっと吹きぬける風に向かってざわざわと話しかける真夏の昼下がり。

旅人の木と夏の碧空が奏でる素敵なハーモニー。

     

「旅人の木」。

別名「オオギバショウ」。

英語名は、Travelers' tree、中国名は「旅人蕉」

マダガスカル原産のバショウ科タビビトノキ属。昔、葉のつけ根にたまった水で旅人が渇きをいやし、

また、扇状に広がる葉の向きが方角を示すことから「旅人の木」とつけられた。

沖縄では、いたるところで見られ、南の島を「らしく」演出してくれる木のひとつですね。

      

sunブログランキング"に参加してます。

↓「読んだよ〜」と、ポチっと押していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

繊細で上品で那覇の隠れ家のような料理屋「花夢乃」〜那覇

Simg_5815

そこは、会社に出勤する道すがらにあった。

泊のマンションを出て、安里川を渡り前島を横切り、潮渡川沿いに那覇久茂地郵便局を左折すると民家と民家の間に見えてくる「小料理とお酒 かんの」の看板。

ずっと気になっていたが、あるとき飲みに行くチャンスがやってきた。

     

場所はゆいレール美栄橋駅から徒歩2分。近くには仲田幸子芸能館がある。

ここらあたりは、国際通りから少し離れたところなので、観光客の姿は少ないが、我々のような久茂地界隈のサラリーマンが夜ごと出没する場所。

     

看板に書かれた「かんの」は『花夢乃』と書く。

このお店の女将である神野房代さんは、兵庫県神戸の出身だそうで、琉球調理士会に所属し今まで数々の調理コンクールで受賞するなど実績豊富な方。

店内に一歩足を踏み入れると、奥行きの広い小奇麗でゆったりとした空間が広がり、雰囲気はサイコー。

カウンター席が中心だが,8人ほどが入れる畳の個室もある。気さくで魅力的な女将の影響か、誰でも楽しめる店である。

界隈には居酒屋や料理店が点在しているが、ここの料理の質はピカ一。繊細で上品でリーズナブルなお値段の和琉料理がラインナップされている。

Simg_5816      

『花夢乃』で必ずオーダーしてほしいのは,料理コンクールで沖縄県知事賞を受賞した“田芋羽二重包みあんかけ"(600円)。

とろーっとした風味と香りが絶品だ。女性には特にオススメ。

     

続いて"枝豆チーズ"(400円)。白色のチーズと薄緑色の枝豆が目にも鮮やかで、箸をつけるのを逡巡してしまうような色合である。お持ち帰りも可能なので、ぜひお土産に買って帰りたい。

     

沖縄の代表的な宮廷料理である"ぬみだる"(600円)も美味。豚肉の甘さとゴマの風味が、口の中で絶妙なハーモニーを醸しだす。

     

柔らかくもなく硬くもなく絶妙な衣に仕上がっている"どぅるてん"(600円)もオーダー必須メニュ−。

     

忘れてならないのは、女将の自信作である絶品の“鯖寿司"(700円)。

島らっきょうをチャンプルーにした“らっきょうチャンプルー"(600円)。

"かんのスペシャルカレー"(500円)や定番の各種チャンプルー、スーチカ、もずく酢やラフテーなどなど、女将のセンスがキラリと光る料理が目白押しだ。

     

カウンターに腰掛け、食べかつ飲み、女将との会話にも華が咲き、次第に“しまー”を空けるグラスのピッチも早くなる。

こうして豊穣な那覇の夜は更けていく。

     

那覇で出会った隠れ家のような料理屋『花夢乃』。

女性の一人旅に良く似合いそうな店だ。

     

追伸:料理写真は載せませんので、ぜひ那覇へ行って食べて飲んで自らの目と舌で確認してくださいね。住所は沖縄県那覇市久茂地2−20−9 です。

    

sunブログランキング"に参加してます。

↓「読んだよ〜」と、ポチっと押していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村 

ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

2010新宿エイサーまつり写真集

Simg_0835_2

暑い新宿が、さらに熱くなった「2010新宿エイサーまつり」の臨場感を味わっていただくために、写真を載せておきます。

沖縄を体感してください。

みんないい顔してますね。

感動をありがとう!

まづは、「楚辺青年会」

Sdsc_6290 Sdsc_6291 Sdsc_6292 Simg_0864 Simg_0870 Simg_0878

続いて、「新風(あらかじ)」

Sdsc_6170 Sdsc_6178

「園田エイサー 美ら桐朋」

Sdsc_6274 Sdsc_6278 Simg_0855

「町田琉」

Sdsc_6221 Sdsc_6238 Sdsc_6251 Sdsc_6254 Simg_0894

そして「琉球舞団 昇龍祭太鼓」

Sdsc_6166 Simg_0810 Simg_0820 Simg_0826 Simg_0927 Simg_0928 Simg_0936 Simg_0943

    

sunブログランキング"に参加してます。

↓1日1回、「読んだよ〜」と、ポチっと押していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

今年も熱く燃えた・2010新宿エイサーまつり

S

7月最後の土曜日の昨日、今年もまた、新宿東口一帯が「沖縄」へと変わりました。

「新宿エイサー2010」。

今年も猛暑に怯むことなく、熱く燃えました。

    

今年は、外せない用事ができ、半ば諦めていたのですが、なんとか16時には、いつもの新宿三丁目の交差点でカメラを構えることができました。

おかげで連続見学記録は継続したままです。

    

で、いつもと予定を変えて、伊勢丹の屋上で、沖縄の仲間たちとオリオンで再会を祝す宴をやめ、久々に夜のエイサーを追っかけてみることにしました。

2006年以来の読谷村からの「楚辺青年会」と胡屋青年会の流れをひく「町田琉」、

今年の2月に琉球國祭太鼓東京支部のメンバーを中心に結成された「琉球舞団 昇龍祭太鼓」

そして東京・中野で活動している大学生を中心とした結成9年目の「新風エイサー」に狙いを定めて「追っかけ」を実行しました。

S_2 S_8 S_9 S_24 S_11 S1 S2 S3_2 S_22

夜のエイサー見物は、歌舞伎町シネシティ広場。

既にアルコールが入っている観客も多く、隣のグループからは「うちなーぐち」が聞こえてきます。

観客席からは「アッ イヤッ」、「スリ サァ サァ」の掛け声や指笛も。

夜のとばりがおりる頃には、舞台も照明に照らされ輝きだし、演舞をする団体も昼とはノリが違うようです。

S_14 S_15 S_16 S_21

最後は、お決まりの観客参加による「カチャーシー」。

三線によって「唐船どーい」のイントロが弾かれると、先を競って舞台へ飛びだします。

S_17 S_19 S_23

「これぞ沖縄」を久しぶりに堪能した夜でした。

S_20 S1_2 S2_2 S_25

(スナップしちゃいました)

    

sunブログランキング"に参加してます。

↓1日1回、「読んだよ〜」と、ポチっと押していただけると嬉しいですshine

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »