« 珈琲の街…ちょっとよこみち#1弘前 | トップページ | 通勤電車でやぎが散歩している »

2010年6月27日 (日)

沖縄の夏の雨は、移り気

S_8

内地は、今、梅雨の真っ最中です。

毎年、七夕前後には、大雨が降る傾向がありますが、九州・四国を中心に大雨が降り続いています。

沖縄は、すでに、夏への助走である夏至南風(カーチバイ)といわれる強い南風が吹き、雨を連れてきた低空の雲が北東へ流れて消え、梅雨があけました。

ギラギラと輝くティーダ(太陽)、紺碧の海、抜けるような青空が出現し、島独特の原色の風景が輝き出していることでしょう。

長くて熱〜い「夏」が始まりましたね。

那覇暮らしでわかったのですが、沖縄の夏の雨は、面白い降り方をします。「かたぶい」と呼ばれています。(「片方降り」という意味ですかね。)

カンカン照りの青空に突然雲が現れて、バケツをひっくりかえしたような土砂降りになり、あたり一面「真っ白な世界」となります。

Sdsc_0346

雨が近づいて来る(海中道路にて)

そして数分後、また元のカンカン照りに戻ります。(余談ですが、うちなーんちゅ、とりわけ学生さんは、傘をさしませんね。びしょ濡れの彼らを何度となく街で見かけたことがあります)

以前、首里の丘から那覇の市街地を見下ろしていた時、ある一角に突如として雲が湧きあがり、そこだけに土砂降りの雨を降らせていました。

そして雨を降らせる真っ黒い雲が私をどんどん追いかけてくるのを経験したことがあります。

「スコール」ですね。沖縄は北緯24度から27度に位置し、年間平均気温23℃の亜熱帯海洋性気候ですから、気象学的に言ったら、ちっとも珍しくないのかも知れませんね。

激しく降ったと思ったら、すぐにピーカンの天気、沖縄の夏の天気は、ほんとに移り気です。

    

typhoonご訪問いただきありがとうございます。"ブログランキング"に参加してます。↓ポチッとクリックしていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。happy01

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

|

« 珈琲の街…ちょっとよこみち#1弘前 | トップページ | 通勤電車でやぎが散歩している »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366698/35517950

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の夏の雨は、移り気:

« 珈琲の街…ちょっとよこみち#1弘前 | トップページ | 通勤電車でやぎが散歩している »