« キミはサザンの沖縄を聞いたか〜石垣島久宇良 | トップページ | 珈琲の街…ちょっとよこみち#1弘前 »

2010年6月23日 (水)

あの記憶を風化させてはいけない

Ssimg_0048_2

6月23日。

戦後65年目の慰霊の日。

那覇に暮らしていた時と同じように、南西の方角(その先には遠く、摩文仁の丘)へ向かい、苛烈な地上戦で犠牲になった20万の御霊に哀悼の意を捧げる。

想像を絶する苦難の中にいたであろうことへの鎮魂の思いを込めて。

 

本土決戦の時間稼ぎとしての「捨石作戦」による地上戦で、沖縄県民の4分の1が尊い命を落とした。

「戦争の愚かさ」と「平和への思い」と「命の大切さ」の教訓。

  

NHKで全国放送された「島くとぅばで語る戦世」の録画DVDを取り出し、改めて見直して見る。

体験者の口の重さが、この地上戦の苛烈さを教えてくれている。

  

那覇に暮らしていた2004年夏。沖縄国際大に米軍のヘリが墜落した。米軍により立入禁止処理がなされ、手も足も出ない警察の実態をリアルタイムで見た。

「日本は独立国家なのか」という疑心と「沖縄は、まだ終わっていない」という確信。

  

歴史を語り伝える人たちが高齢化し、直接的な体験や証言や記憶はいずれとぎれていくだろうが、

残酷さと悲しみの中で、あえて記憶を封印し何も語ろうとしないおばぁ達の思いを忘れてはいけないという強い意志を持って、私たちは、このことを次世代に伝えていかなければならない。

  

戦世をくぐり抜けてきたおばぁの言葉、「命どぅ宝」がズシリと重い。 

  

南の島は、梅雨が明け、夏色に染まったビーチにはパラソルの花が開き、奇跡の1マイルと言われた国際通りには、何もなかったように今日もまた、ちょうどあの時の「ひめゆり」の女学生と同じ世代の観光客が繰り出している。

 

今年もやってきた6月23日に改めて思う。

私たちは、あの歴史の記憶を「風化」させてはならないと。

    

typhoonブログランキング参加中です。↓下のバナーをポチッとクリックしていただければ嬉しいです。happy01

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ

ありがとうございました。

|

« キミはサザンの沖縄を聞いたか〜石垣島久宇良 | トップページ | 珈琲の街…ちょっとよこみち#1弘前 »

コメント

はじめまして。
今日は「慰霊の日」でしたね。
県内企業や公立の学校などはお休みでこの慰霊の日であの残酷な沖縄戦の追悼をします。

でも、私は仕事でした・・・
こんなことでこの慰霊の日が風化されないようにしたいものですね。

投稿: o(^-^o)yuka(o^-^)o | 2010年6月23日 (水) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1366698/35401101

この記事へのトラックバック一覧です: あの記憶を風化させてはいけない:

« キミはサザンの沖縄を聞いたか〜石垣島久宇良 | トップページ | 珈琲の街…ちょっとよこみち#1弘前 »