1行紹介

沖縄に「長距離恋愛中」のナイチャーです。

自己紹介文

先日、「なぜ沖縄が好きなんですか」と聴かれました。
「碧い海、空、独特の文化、確かに素晴らしい。それより素晴らしいものが沖縄にはあります。ウチナーンチュです。『だからよー』とコトを曖昧にしても、『てーげー』でいい加減であっても、『かっこをつけない素直』なウチナーンチュが好きです。」
2001年から2005年にかけて旅行会社の転勤族として那覇で単身赴任。
沖縄の素晴らしい景色や人を対象に封印していた”写真撮り”を復活させた。
独学で三線に挑戦し、内地へ戻るころには手元には二丁の三線。師匠は高良レコード店で買ったCDと工工四。今も、実家の縁側で稽古の毎日。
寝ても覚めても”沖縄”。
通勤の車内は沖縄音楽、新聞欄で見つけた「沖縄関連番組」は留守録。もちろん携帯の待ち受けやMy Photoは沖縄の画像で埋め尽くされている。カレンダーも沖縄の写真。夏の服装は相変わらず「かりゆし」。
誰がなんと言おうと「沖縄病」の重症患者です。

誰か「沖縄病」に効く薬、知りませんか。